プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

広瀬すず”血のり”初体験でゾンビ役も「練習しておきます(笑)」 松坂桃李も「やりたいですね!」

『流浪の月』フレッシャーズ試写会に登壇した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.の画像

『流浪の月』フレッシャーズ試写会に登壇した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.

 俳優の広瀬すず、松坂桃李が8日、都内で行われた映画『流浪(るろう)の月』(13日公開)フレッシャーズ試写会に登壇した。

【全身ショット】首元が開いたモノトーンのシャツで登場した広瀬すず

 本作は、広瀬と松坂のダブル主演で、凪良ゆうの本屋大賞受賞作を李相日監督が実写映画化。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・更紗(広瀬)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・文(松坂)が、15年後に再会したことから始まる物語。

 新入社員が集まった同イベントで、映画で初めての経験を語るトークテーマでは、広瀬が「あんなにがっつり血のりを使ったのが初めてでうれしかったです」と笑顔。さらに「毎日現場に行ったら血のりをつけられてたので、ゾンビ映画とか大変だと思いました(笑)」と話すと、松坂も「血のりは乾くと大変だよ!」と経験を語った。

 続けて広瀬が「役者として血のりに憧れがあったんですよ。つけたときに『ああ映画だな』と思った」と話すと、司会から「ゾンビ映画があるかもしれません」と振られ、「練習しておきます(笑)」と苦笑い。松坂は「やりたいですね!」とやる気満々の様子だった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ