プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

黒柳徹子が“昭和歌謡博士ちゃん”と夢の初対面 “伝説の紅白歌合戦”舞台裏を明かす

7日放送『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に出演する(左から)左合桂三、黒柳徹子(C)テレビ朝日の画像

7日放送『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に出演する(左から)左合桂三、黒柳徹子(C)テレビ朝日

 俳優・司会者の黒柳徹子が、きょう7日放送のテレビ朝日系『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん「博士ちゃんの夢 実現しちゃったスペシャル」』(後6:56)に登場。黒柳と会うのが夢だったという“昭和歌謡博士ちゃん”と初対面を果たす。

【番組カット】『徹子の部屋』で!敬愛する黒柳徹子と対面を果たした左合桂三

 5日の「子どもの日」に続き、7日は日本初の博士が誕生した「博士の日」とあって、大人顔負けの知識や才能を持った子どもたち“博士ちゃん”の夢をかなえる特別企画。12歳の“昭和歌謡博士ちゃん”こと左合桂三(さごう・けいぞう)くんは、これまで昭和歌謡を500曲以上聴き込み、「第9回NHK紅白歌合戦のウラ話が聞きたい!」という夢を抱く。

 桂三くんによると、1958年大みそかの『第9回NHK紅白歌合戦』は超バタバタの生放送となり、その混乱を見事にさばいたのが、当時最年少で司会に大抜てきされた黒柳だったという。しかしその映像は一切残っておらず“伝説の回”とされる。

 学校から帰ると『徹子の部屋』を配信サイトで見るのが日課の桂三くん。伝説の歌番組『ザ・ベストテン』の司会も務めた黒柳は“神”のような存在で、「大好きな徹子さんに紅白伝説の回のことを聞いてみたい」と願う。ダメ元で黒柳にオファーしたところ、「子どもが自分に興味を持ってくれているのなら」と快諾。そこで、桂三くんが『徹子の部屋』のスタジオを訪問し、夢の初対面を果たす。

 緊張しながらも、伝説の紅白歌合戦の裏側を聞き出していく桂三くん。黒柳も「あなたよく知っているわね」と、その知識に感心しながら知られざるエピソードを明かしていく。64年前の伝説の舞台裏や、当時の黒柳を困らせたハプニングとは…。

 また、『ルールル…♪』で有名な『徹子の部屋』のテーマ曲に歌詞があったという意外な事実も今回明らかに。この秘話には、スタジオのサンドウィッチマンと芦田愛菜も「えー! これ知らなかった!」「貴重な話が聞けた!」と驚くばかり。さらに、好奇心のかたまりのような少女時代を送った黒柳から日本中の博士ちゃんへメッセージが届く。

 このほか、小学4年生の“重機博士ちゃん”葛田枇乃樹(くずた・ひのき)くんの「超最新ロボット型重機、“零式人機Ver.2.0”を間近で見たい、そして操縦がしたい!」という夢をはじめ、14歳の“ドッグショー博士ちゃん”相馬幸奈(そうま・ゆきな)ちゃんや、12歳の“セロハンテープ工作博士ちゃん”荻野悠生(おぎの・ゆうせい)くんの夢をかなえる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ