プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

Aぇ! group正門良規「なにわ男子より“なにわ感”がある」と自信 音楽特番で“わちゃわちゃ”全開へ

Aぇ! group(左から)小島健、福本大晴、正門良規 (C)ORICON NewS inc.の画像

Aぇ! group(左から)小島健、福本大晴、正門良規 (C)ORICON NewS inc.

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・Aぇ! group(正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉)が、28日放送の読売テレビ音楽特番『カミオト-上方音祭-』(前11:55 ※関西ローカル)のスペシャルサポーターを務めることになり、6日、メンバーが大阪市内の同局で会見を行った。

【写真】Aぇポーズをする末澤誠也&草間リチャード敬太&佐野晶哉

 昨年はなにわ男子が務めたポジションで、「なにわ男子に負けない魅力は?」という質問が飛ぶと、正門は「なにわ男子より“なにわ感”があると思っているので、そこは勝っているんじゃないか」と自信を見せ、なにわ男子に向けて「もう関西弁を忘れつつあると思う」と冗談めかせた。すると、藤原丈一郎と話したという末澤は「終始、標準語でしゃべってた。『何してたの?』って言ってた」と笑わせた。

 また、福本は「僕たちはバンドもしているので、音楽面の知識は勝ってる。そういうところはアーティストさんと共通話題がある」と音楽番組に自信を見せ、さらに「お笑いでも勝っていきたい」とアピール。佐野は「なにわ男子のあの空気感はお上品」と言い、「上方、なにわですから、もっと関西らしいわちゃわちゃしたAぇ! groupらしさを出したい」と張り切った。

 一方、小島は「僕は上品で凜としていきたい」とボケを忘れず。草間は「番組が終わった時に一番印象に残ったのがAぇ! groupと言ってもらえるように関西臭をバリバリ出して頑張りたい」と決意を込めた。

 『カミオト-上方音祭-』は、読売テレビの新たな取り組みとして、昨年、関西を盛り上げるために始まった生放送の大型音楽番組。第2回となる今年は、「音楽でつながろう」を合言葉に5時間5分の生放送となり、関西ゆかりのアーティスト30組以上が生パフォーマンスを繰り広げる。また、松下IMPホールで有観客のスペシャルライブイベントも同時開催される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ