プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

Aぇ! group、読テレ音楽特番『カミオト』SPサポーター就任 昨年のなにわ男子からバトン【全員コメント】

『カミオト-上方音祭-』のスペシャルサポーターを務めるAぇ! group(左から)小島健、福本大晴、正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、佐野晶哉 (C)ORICON NewS inc.の画像

『カミオト-上方音祭-』のスペシャルサポーターを務めるAぇ! group(左から)小島健、福本大晴、正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、佐野晶哉 (C)ORICON NewS inc.

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・Aぇ! group(正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉)が、28日放送の読売テレビ音楽特番『カミオト-上方音祭-』(前11:55 ※関西ローカル)のスペシャルサポーターを務めることが決まった。6日、メンバー6人がそろって大阪市内の同局で会見を行い、意気込みを語った。

【写真】Aぇポーズをする末澤誠也&草間リチャード敬太&佐野晶哉

 同局の新たな取り組みとして、昨年、関西を盛り上げるために企画された生放送の大型音楽番組。第2回となる今年は、「音楽でつながろう」を合言葉に5時間5分の生放送となり、関西ゆかりのアーティスト30組以上が生パフォーマンスを繰り広げる。また、松下IMPホールで有観客のスペシャルライブイベントも同時開催される。

 番組の顔となるトークナビゲーターには、海原やすよ ともこが2年連続で就任。さらに、昨年はなにわ男子が務めたスペシャルサポーターを新たにAぇ! groupが担う。このほか、イベントナビゲーターとしてニューヨークが登場し、番組進行は澤口実歩アナウンサーと佐藤佳奈アナウンサーが務める。

 出演アーティストは今後発表される。パフォーマンスはもちろん、上方(大阪)らしい笑いあふれるトークも見どころで、この日は早速、Aぇ! groupが芸人さながらのギャグやボケ&ツッコミで楽しませた。

■Aぇ! group コメント ※発言順
<小島健>
去年もこの『カミオト』に出させていただいて、その時は歌だけのパフォーマンスでやらせていただいたんですけど。去年はなにわ男子がこの立ち位置(スペシャルサポーター)の立ち位置だったということで、なにわ男子を引き継いで、今年はよりAぇ! groupらしく、僕たちらしく爪あとを残して、楽しい番組に盛り上げていけるように頑張りたいと思います。

<福本大晴>
スペシャルサポーターとして、うれしさと重圧・プレッシャーもあるんですけれども、すごいアーティストの方々が来てくださるので、その魅力だったりとか、(アーティストの)緊張なんかもとれるようになれればいいなと思います。

<正門良規>
5時間という、グループとしてもですけど、読売テレビさん的にもあまりない経験をさせていただくということで、本当に重要な役割を担わせていただいたなと思っています。せっかくのチャンスなので、これだけアーティストさんの方もそうですし、芸人さんとも濃く話せる時間というのもないと思いますので、何より楽しむことを大前提に、お笑いあり音楽ありと楽しめる時間になればいいなと思います。まずは5時間、精一杯楽しみながら向き合っていきたいと思います。

<末澤誠也>
去年、このYTV(読売テレビ)の屋上でパフォーマンスをさせていただいて、今年はスペシャルサポーターとして5時間一緒に携わらせていただくことになったんですけど、Aぇ! groupらしく、お笑いも入れながらアーティストの方々と一緒に楽しめたらいいなと思っております。最後まで全力で頑張りたいと思っています。

<草間リチャード敬太>
去年に引き続き『カミオト』に出させていただくことになって、すごくうれしくて、『24時間テレビ』にも2年連続出させていただいたりとか、徐々にYTVさんとズブズブの関係が築けているのかなと…。もっとズブズブになりたいんです、この調子で(笑)。もっともっと出させてください。そのためにも今回、チャンスをしっかりとつかんで良い番組にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

<佐野晶哉>
記者会見で慣れない場なんで、僕たち6人緊張して、ここに来るまでの道で「きょうの意気込み何?」ってリーダーに聞かれて、「なにわ男子からバトンをしっかりつないで、僕たちらしさも出して…」みたいな話をしたら、そのままトップバッターで言われた(笑)。でも、記者会見からこんな感じのAぇ! groupらしい楽しいテンションでできているので、やすともさんも飲み込むぐらいの勢いで、体力をつけて頑張りたいと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ