プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

吉岡里帆、涼しげノースリーブで地元凱旋 「かなり意識して」関西弁トーク

涼しげノースリーブで地元を凱旋した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.の画像

涼しげノースリーブで地元を凱旋した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の吉岡里帆が6日、大阪市内で行われた主演映画『ハケンアニメ!』(20日公開)の舞台あいさつに登壇。京都出身とあって、「やっと帰ってこられた」と地元のファンに笑顔をふりまいた。

【写真】輝く美肌&二の腕チラリ!手を振る吉岡里帆

 涼しげなノースリーブのワンピース姿で登場。「仕事では1ヶ月ぶり」という地元で、「ホームって感じがする」などと関西弁まじりで話すと、司会者から「関西弁が出てますね」と言われ、「かなり意識して出してます」とはにかんだ。

 吉野耕平監督も大阪出身で、こちらは「3年ぶり」の凱旋だという。覇権(ハケン)にちなみ、関西のハケンスポットを自慢するトークでは、吉野監督が「北摂育ちなので、万博公園によく行っていた」と振り返り、「あのモノレールから万博へ行く下り道は好きですね」としみじみ。

 対して、吉岡は「万博公園は強いですよね…」と苦笑いも、地元の京都から「私が個人的に好きなのは嵐山。観光地で新しいスイーツ屋さんや雑貨屋さんも増えているけど、変わらないのは渡月橋とボート。ぜひ1回乗ってみてほしい。嵐山モンキーパークという猿に会えるところもある」と呼びかけた。

 直木賞作家・辻村深月氏による同名小説(マガジンハウス)の映画化。連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で夢の監督デビューが決定した主人公・斎藤瞳(吉岡)や、ライバルのスター監督・王子千晴(中村倫也)らが、アニメ業界のハケンを目指し、突き進んでいく。劇中に登場するアニメ作品は、監修を東映アニメーション、制作をProduction I.Gが手がけ、日本を代表するトップクリエイターや声優陣が参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ