プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

吉岡里帆、本職声優にダメ出しするも理解不能「これに文句言う監督ってどういうこと?」

「とにかく熱量がすごい」と語った吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.の画像

「とにかく熱量がすごい」と語った吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の吉岡里帆が6日、大阪市内で行われた主演映画『ハケンアニメ!』(20日公開)舞台あいさつに登壇。劇中のアニメ業界に触れて「とにかく熱量がすごくて、皆おもしろいものが届けたい愛にあふれているところに共感した」と充実感をにじませた。

【全身ショット】涼しげノースリーブで登場!笑顔がキュートな吉岡里帆

 直木賞作家・辻村深月氏による同名小説(マガジンハウス)の映画化。連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で夢の監督デビューが決定した主人公・斎藤瞳(吉岡)や、ライバルのスター監督・王子千晴(中村倫也)らが、アニメ業界の覇権(ハケン)を目指し、突き進んでいく。

 劇中に登場するアニメ作品は、監修を東映アニメーション、制作をProduction I.Gが手がけ、日本を代表するトップクリエイターや声優陣が参加。アニメ監督の仕事について、吉岡は「どんな仕事なの?って漠然としていると思うんですけど、コンテから描いていて、ストーリーも考えるし、スタッフ全員を引っ張っていかないといけないし…」とその苦労を代弁し、「同性で年齢の近い監督から絵コンテの描き方教えてもらった」と役作りを語った。

 また、劇中のアニメ作品について「本職で声優されている豪華な方が集まってくれていて、皆さん完璧なんです」と振り返りながら、役柄として「『違う』みたいなことを指示出したり、それが意味がわからなすぎて」と苦笑い。「これに対して文句言う監督ってどういうことなんだろう? こだわりもそこまでいくと怖いなと、理解がなかなかできなかった部分」と明かしながら、「声優さんの技術のすごさを見てもらえる」とアピールしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ