プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

高橋克実、普段は“どこにでもいるおっさん”段田安則から「強い熱を感じます」

同じ事務所の段田安則から「強い熱を感じます」と語った高橋克実 (C)ORICON NewS inc.の画像

同じ事務所の段田安則から「強い熱を感じます」と語った高橋克実 (C)ORICON NewS inc.

 俳優・高橋克実が6日、大阪市内で行われた舞台『セールスマンの死』京都・兵庫公演に向けた取材会に出席。同じ事務所の段田安則が主演する作品で、高橋は「(段田と共演は)かなりやってきましたけど、これにかける強い熱を感じます」と語った。

【写真】“座長”段田安則の姿勢について明かした高橋克実

 米劇作家アーサー・ミラーさん(2005年没)の代表作。1950年代前後のニューヨーク舞台に、かつて敏腕セールスマンだったが、63歳となって精彩を欠くようになったウィリー・ローマン(段田)の姿通し、現代社会に通ずる過酷な競争社会や家庭の崩壊などの問題を投げかける。高橋はウィリーの兄・ベンを演じる。

 高橋は「段田さんとは事務所が一緒の先輩で、もう何回もご一緒させていただいていますけれども」と前置きした上で、「これを将来やりたいという話を昔から聞いていまして」と、段田にとって特別な作品であると伝えた。さらに「本当にひょうひょうとして“どこにでもいるおっさん”なんですけど、今回の向き合い方はすごい熱量です」といい、「そこにまわりが自然と引っ張られる」と明かした。

 そんな“座長”段田の姿勢について、高橋は「『やろうぜ!』みたいな人ではないけれど、おのずとそうなっていく。背中を見ていると、皆がそこに引っ張られるというのを体現していますね」と尊敬の眼差しだった。

 自身の演技については、「僕はたまにしか出てこないんで。たまに出るというのは楽に見えるんですけど、ずっとエンジンかかっているところにポーンと入っていくのはなかなか大変」と笑い、一方で「能天気な役なんで、ちょっと自分に似ているかな」とはにかんでいた。

 この日は林遣都も出席。ほかに、鈴木保奈美、福士誠治、鶴見辰吾らが共演する。あす7日と8日に「ロームシアター京都 メインホール」(京都市左京区)、19日~22日に「兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール」(兵庫県西宮市)で公演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ