プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

林遣都&高橋克実、英の気鋭演出家の人柄に感嘆 毎朝気さくに「オハヨウゴザイマス」

演出家の人柄に感嘆した(左から)林遣都、高橋克実 (C)ORICON NewS inc.の画像

演出家の人柄に感嘆した(左から)林遣都、高橋克実 (C)ORICON NewS inc.

 俳優・林遣都と高橋克実が6日、大阪市内で行われた舞台『セールスマンの死』の京都・兵庫公演に向けた取材会に出席。米劇作家アーサー・ミラーさん(2005年没)の代表作を、英の気鋭演出家・ショーン・ホームズ氏が舞台化し、その手法に林と高橋が驚きを明かした。

【全身ショット】カジュアルなスーツ姿で登場した林遣都

 林は、ショーン氏の演出について「本当にみっちりけいこをやられる方で、皆この1ヶ月ずっとのめり込んでいる」と充実ひとしお。従来の同作とはセットなどが大きく変わり、「独創的なものになっている。これってどういう表現なんだろう? 何を物語っているんだろう? そういう想像をより楽しめるものになっている」と自信を見せた。

 一方、高橋は「海外の演出家の方は初めて」といい、ショーン氏について「とにかく明るいエネルギーが充満している方で、けいこ場に毎朝『オハヨウゴザイマス』と来る。その一言で空気が柔らかくなった」と振り返った。

 1950年代前後のニューヨーク舞台に、かつて敏腕セールスマンだったが、63歳となって精彩を欠くようになったウィリー・ローマン(段田安則)の姿を通し、現代社会に通ずる過酷な競争社会や家庭の崩壊などの問題を投げかける。林はウィリーの次男ハッピー役、高橋はウィリーの兄・ベン役。ほかに、鈴木保奈美、福士誠治、鶴見辰吾らが共演する。

 あす7日と8日に「ロームシアター京都 メインホール」(京都市左京区)、19日~22日に「兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール」(兵庫県西宮市)で公演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ