プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】義時の息子が名宰相に!坂口健太郎に「#俺たちの泰時」と期待高まる

『鎌倉殿の13人』で北条泰時を演じる坂口健太郎(C)NHKの画像

『鎌倉殿の13人』で北条泰時を演じる坂口健太郎(C)NHK

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)。義時の最愛の息子・北条泰時(ほうじょう・やすとき)を演じる坂口健太郎の“扮装写真”が解禁された。

【写真】 次回は”壇ノ浦の戦い”無数の死体を見ながら一人歩く義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 坂口が大河ドラマに出演するのは本作が初めて。泰時は義時の最愛の息子。第三代執権にして日本史上屈指の名宰相という役どころ。連続テレビ小説『おかえりモネ』で演じた菅波先生は「#俺たちの菅波」など、さまざまな愛称で呼ばれるほどの人気キャラとなり、今作でも「#俺たちの泰時」と期待が高まっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ