プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『家政夫のミタゾノ』史上最高純度のラブストーリー!? 阿部純子、白石隼也がゲスト出演

箱入り娘・綾香(阿部純子)とアメリカ帰りの小石川翔(白石隼也)の純愛の行方は?=『家政夫のミタゾノ』第3話より(C)テレビ朝日の画像

箱入り娘・綾香(阿部純子)とアメリカ帰りの小石川翔(白石隼也)の純愛の行方は?=『家政夫のミタゾノ』第3話より(C)テレビ朝日

 TOKIOの松岡昌宏が演じる、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』第5シリーズ(毎週金曜 後11:15~)。きょう6日放送の第3話は、ミタゾノ史上最高純度のラブストーリー。漁村で大切に育てられてきた箱入り娘の”ミス金目鯛”と、アメリカ留学から帰ってきた青年の大恋愛は成就するのか!? そしてミタゾノさんが暴く秘密とは…。

【写真】レギュラー出演するしゅはまはるみは14キロ以上のダイエットで話題

 箱入り娘・綾香(阿部純子)の結婚を控えた漁村の組合長・木田康雄(高杉亘)宅へと出向いたミタゾノさん御一行。綾香の顔合わせ食事会と、4年に一度の祭り「魚漁祭」の準備で大忙しの村の人々――と、そこに綾香の結婚相手でMBAを取得するため1年間アメリカに留学していた小石川翔(白石隼也)が現れる。

 東大を出た元銀行マンで文句なしのエリート…だったはずの翔は、まるで別人のような姿に大変身して帰国。しかもMBA取得をあきらめ、パフォーミングアーティストになる宣言までし…。

 得体の知れない婚約者と、大事な箱入り娘の結婚を大反対する父を横目に、若い二人の結婚への意志は一層深まるばかり。「認めてくれないのなら家を出る」とまで言い出した娘に、父はある行動を起こす。果たして2人は、障害を乗り越え無事結ばれるのか?

 ただし、これは『家政夫のミタゾノ』。普通の純愛ストーリーであるはずがない。婚約者の翔にはまだ何か秘密があるようで、父・康雄も何やら怪しい動きを…。さらに箱入り娘・綾香にも、実は人には言えない隠し事が。この大恋愛、どんな結末を迎えるのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ