プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

南こうせつ「暴力で訴えるのは絶対に許してはならない」 杉田二郎&森山良子と平和への思い込めたコンサート

「南こうせつ グリーンパラダイス」の模様の画像

「南こうせつ グリーンパラダイス」の模様

 シンガーソングライターの南こうせつが5日、東京・日比谷野外音楽堂で「南こうせつ グリーンパラダイス」を開催。今年30回目を迎えた同公演だが「野音には自由がある」と感慨深げな表情を浮かべた。杉田二郎や森山良子も駆けつけ、会場は大盛り上がり。南は代表曲で昨秋、亡くなった喜多條忠さんの作詞した「神田川」や「マキシーのために」をはじめ「夢一夜」「あの人への手紙」など、アンコールを含む全15曲を力一杯熱唱した。

【写真】8年ぶり復活! さだまさし&吉田政美の伝説デュオ「グレープ」

 ゴールデンウィークも後半。アーティスト仲間からは「雨男」と言われ続けてきた南だったが、この日は青空に恵まれた。また2年続いた感染拡大の規制も解除されたこともあって、会場は定員の3000人で満席となった。「昨年はコロナ禍だったが、実は感染拡大がやや一段落して、都からも開催に向けてゴーサインが出ていたのですが、その開催日だけ台風が直撃してしまい中止となってしまった。くやしかったですね」。

 その「グリーンパラダイス」も今年30回目を迎えた。南は「日比谷野音というのは、僕らにとっては特別な場所なんですよ。と言うよりフォーク・ロックの殿堂だったんです。ここから歌で世の中を変えていこうという意気込みがあった。ホールとは違った自由な場所だったんです。そこで、このイベントが30回を迎えられたことは、僕にとっても大きな誇り」と言うが、その一方で、ロシアによるウクライナ軍事侵攻には心を痛める。

 「理由はどうであれ、暴力で訴えるのは絶対に許してはならない。我々は第二次世界大戦を体験し、広島と長崎に投下された原爆で『平和になろう』と決意したはず」

 南は、1986年から広島の世界平和記念聖堂で「平和祈念コンサート」を毎年8月6日に開催してきた、音楽業界では“平和コンサート”のレジェンドだ。そのコンサートは09年まで続けられ、コンサートの収益金は、広島原爆養護ホーム「倉掛のぞみ園」建設へと結びついた。完成後、こうせつは毎年訪問してきた。南は「何事もアピールしなければ平和の道につながらない」と言葉に力を込める。

 「日本は、この70数年、すばらしいことに戦争とか紛争とは無縁だった。だけど、それを当たり前だと思ってしまったらダメなのかもしれない。戦争は嫌だな、核兵器がなくなればいいな、そう思ってくれるだけでいい。思いは必ず共感を呼ぶ。そして自分なりの一歩を踏み出すのだと思っている」

 そう言った思いから、今回のコンサートではゲストで駆けつけた杉田が「戦争を知らない子供たち」「祈り」を熱唱し、森山も「涙そうそう」「今」などを熱唱した。「昨夜は、この歌を歌えると言うことで眠らなかった」と言う杉田は「1分でも1秒でも早く、この戦争が終わることを願って歌った。次の世代の子供たちが、真の意味で戦争を知らない子供たちになってほしい」と呼びかけていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ