プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『死刑にいたる病』さらに“謎”が深まる…岩田剛典“金山”&中山美穂“衿子”の特別映像

映画『死刑にいたる病』(5月6日公開)より、岩田剛典が演じる謎の男“金山” (C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会の画像

映画『死刑にいたる病』(5月6日公開)より、岩田剛典が演じる謎の男“金山” (C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

 俳優の阿部サダヲと岡田健史がダブル主演する映画『死刑にいたる病』(5月6日公開)より、事件を調べる雅也(岡田)の前に現れた謎の男・金山(岩田剛典)、事件とは何も接点がないと思われた雅也の母・衿子(中山美穂)、2人の“謎”が浮かび上がる特別映像が解禁となった。

【写真あり】岩田剛典がオーラを消し去った謎の男“金山”の場面写真も多数解禁

 本作は、櫛木理宇の同名小説(ハヤカワ文庫)が原作。24人もの若者を殺した連続殺人鬼・榛村から届いたえん罪証明の依頼をきっかけに、雅也が事件を独自に調べ始め、次第に榛村と事件に翻ろうされていく姿を描く。監督は、『凶悪』や『彼女がその名を知らない鳥たち』、『孤狼の血』などで注目を集める白石和彌。

 雅也の行く先々に現れる謎の男・金山。解禁された映像には、怪しい言動、さまざまな証言があわさる中、最後の事件の被害者・根津の殺害現場となった森を訪れた雅也、そしてその前に突如姿を現す金山が映っている。

 もう一方の雅也の母・衿子編は、彼女が内気な性格であることが伺え、「あなた決めてよ、お母さん決められないから…」という口癖が印象的。映像の最後には、雅也が、ある人物と衿子が一緒に写っている写真を見つける様子が収められている。どちらも衝撃的な場面で幕を閉じ、緊迫感ある映像に仕上がっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ