プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ゴチ』に桂宮治&ヒコロヒー参戦 増田貴久は“謎かけ”で挑戦状もルール把握できず?

5日放送のバラエティー『ぐるぐるナインティナイン2時間SP』(C)日本テレビの画像

5日放送のバラエティー『ぐるぐるナインティナイン2時間SP』(C)日本テレビ

 5日放送の日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン2時間SP』(後7:00)内の「ゴチになります!23」パートには、VIPチャレンジャーとして桂宮治、ヒコロヒーが初参戦を果たす。

【番組カット】空中お絵描きゲームに奮闘するゴチメンバー

 今回は「こどもの日だ! みんなで楽しく遊ぼうゴチ!」と題してさまざまなゲームに挑戦。また、42戦無敗中の矢部浩之に対して、急きょ「矢部負けろキャンペーン」が発動し、矢部は「こんな嫌われる?」とスタッフを見渡しながらも「盛り上がるんやったらいいですよ」と余裕の表情を見せる。

 「叩いたと思う人の頭をハリセンで叩く」ルールの「叩いたのはだ~れだ?」ゲームでは、『笑点』新メンバーの宮治がターゲットとなり、ゴチ新メンバーの池田エライザらと本気対決。楽しいゲームのつもりが、一同熱が入り、ヒコロヒーが宮治に容赦ない仕返しを行い、思わず宮治も「やってやろうじゃねえか! 笑点VSゴチだこのやろー!」とブチ切れる。

 あるキーワードを逆再生した音声で伝言ゲームをする「逆再生伝言ゲーム」では、増田貴久が先頭でキーワードを伝えるが、まさかのワードにノブも苦笑い。しかし、このゲームで予想外の奇跡が起こり、宮治も「むちゃくちゃ感動しました!」と大喜びの結末となる。そして、「イラストで伝えろ!空中お絵描きゲーム」では、最新のアプリを使い、それぞれが描いた絵でお題を伝えるが、フリップ芸を持ちネタとし、絵が得意と言うヒコロヒーの才能に注目が集まる。

 今回、笑点メンバーが参戦ということで、増田が謎かけで宮治に挑戦状。いきなり謎かけが始まるが、謎かけのルールをあまり理解していない事がバレてしまう。一方、高杉真宙は謎かけの意外な才能を発揮し、宮治はナイナイへずっと抱いていた思いを、見事な謎かけで打ち明ける。

 子ども時代にまつわるトークでは、「独特な一人遊びが多かった」というエライザの「〇〇で5キロ!」「休みの日に〇〇で学校に乗り込む」などの衝撃行動が明らかに。高杉は「今もそうなんですけど…」と、小さい頃から治らないカッコ悪すぎるクセを告白。子どもが生まれて間もない岡村隆史は、めでたく抱っこひも散歩デビューするも、そのてん末に全員苦笑してしまう。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ