プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『オビ=ワン・ケノービ』ダース・ベイダーの呼吸音が響き渡る最新予告

『オビ=ワン・ケノービ』5月27日(金)午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始(C)2022 Lucasfilm Ltd.の画像

『オビ=ワン・ケノービ』5月27日(金)午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始(C)2022 Lucasfilm Ltd.

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』(5月27日午後4時より配信開始)の最新予告とキービジュアルが、5月4日の「スター・ウォーズの日」にあわせて解禁された。幼きルークを見守るオビ=ワンが帝国軍に追い詰められていく中、ダース・ベイダーの不気味に轟く呼吸音が響き渡る、期待高まる予告映像となっている。

【動画】『オビ=ワン・ケノービ』最新予告

 「スター・ウォーズ」シリーズの劇中の名せりふ「May the Force be with you. you.(フォースと共にあらんことを。)」にちなみ、5月4日(May the 4th)に制定された「スター・ウォーズ」の日。毎年「スター・ウォーズ」をお祝いするため 世界中の各地で盛大なイベントが行われたり、この特別な日に合わせて新作映画の新映像や新情報が発表されたり、ファンにとって大切な日となっている。今年は日本でも3年ぶりにファンが集うリアルイベントが開催されたが、本作の最新予告の解禁は「スター・ウォーズ」ファンへの大きなサプライズとなった。

 本作の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』での劇的な出来事から10年後。オビ=ワンは強いフォースを持つまだ幼いルーク・スカイウォーカーを陰で見守りながら、フォースの訓練をさせようとしていた。しかし、ルークの育ての親オーウェン・ラーズは、オビ=ワンのことを追い払い、オビ=ワンもまたジェダイを抹殺し銀河を支配しようとするダース・ベイダーら帝国軍から追い詰められていく。

 「逃れられないぞ オビ=ワン! あの方からは」というせりふの通り、映像にはベイダーの銀色に光る腕や不気味な呼吸音が鳴り響き…。見つかったら殺されてしまうという状況下、たった一人で追い詰められていくオビ=ワンは、帝国軍にどう立ち向かっていくのか?

 あわせて解禁となったキービジュアルには、深い悲しみが漂い遠くを見つめるオビ=ワンと、赤いライトセーバーを握るダース・ベイダーの姿が描かれている。オビ=ワンも腰にライトセーバーを携えており、かつての師弟対決が繰り広げられるのだろうか?

 本作では、ユアン・マクレガーと『エピソード 2/クローンの攻撃』、『エピソード3』でダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)を演じたヘイデン・クリステンセンがシリーズに帰還し、2人の共演にも期待が高まっている。

 主演であり、製作総指揮も務めたユアンは 「『シスの復讐』の最後、オビ=ワンがとても大事に思っていたアナキンがダークサイドに堕ちてしまうんだ。オビ=ワンは自分のせいだと罪悪感を抱えている。そんな中、ジェダイは排除され、見つかったら殺されてしまうんだ。そうした追い詰められている状況から物語が始まっていくのは、とても面白いんじゃないかなと思ったんだよ」と明かし、知られざるオビ=ワンとダース・ベイダーの物語に期待が高まるばかりだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ