プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

平方元基「適応障害」と診断で活動休止 当面の間「治療を優先」

平方元基 (C)ORICON NewS inc.の画像

平方元基 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の平方元基(36)が「適応障害」と診断され、当面の間、治療に専念することを4日、所属事務所の公式サイトで報告した。

【集合ショット】薄手の衣装で登場したソニン&平方元基ら

 サイトでは「私ども所属の俳優 平方元基ですが、5月2日、出演中の舞台『THE 39 STEPS』の1幕終了後に体調不良を訴え、2幕への出演を見合わせました。3日に都内医療機関にて受診したところ『適応障害』と診断されました」と説明し「これにより、当面の間治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます」と伝えた。

 これに伴い現在出演中の舞台『THE 39 STEPS』の公演中止と、『My Story,My Song ~and YOU~』(5月20日)へのゲスト出演の見合わせ、並びに自身のミュージカルデビュー10周年記念ライブ『PROOF』(5月26日)の中止も発表した。

 続けて「ファンの皆さま並びに関係者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけすることを、心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましては、平方元基をできる限りサポートしてゆきたいと存じます」とつづっている。

 なお、『THE 39 STEPS』の公式サイトでも「5月2日18時の公演は出演者の平方元基の体調不良により、急きょ公演を中止とさせていただきました。ご来場のお客様には大変にご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした」。

 「その後、医師により適応障害の診断を受け、療養が必要なため、公演の続行は困難と判断し、誠に残念ながら、続く5月6日から5月17日千穐楽の公演を中止とさせていただきます」としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ