プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

LE SSERAFIM、ついにデビュー SAKURA「レベルが違うチームとは何かをお見せしたい」

ついにデビューしたLE SSERAFIM(左から)カズハ、キム・チェウォン、キム・ガラム、サクラ(宮脇咲良)、ホン・ウンチェ、ホ・ユンジン(P)&(C)SOURCE MUSICの画像

ついにデビューしたLE SSERAFIM(左から)カズハ、キム・チェウォン、キム・ガラム、サクラ(宮脇咲良)、ホン・ウンチェ、ホ・ユンジン(P)&(C)SOURCE MUSIC

 HYBE初のガールズグループで、SAKURAこと宮脇咲良が所属する6人組・LE SSERAFIM(ル セラフィム)が2日、韓国・ソウルの奨忠体育館でメディア向けのショーケースを開催した。

【写真】ついに3度目のデビュー!宮脇咲良らソロショット、パフォーマンスも

 LE SSERAFIMはこの日午後6時、デビューミニアルバム『FEARLESS』をリリース。午後8時から同所でオン&オフラインのデビューショーケースを開催し、初のステージをオフラインおよび、YouTubeのHYBE LABELS公式チャンネルおよびLINE MUSIC、NAVER NOWを通じて全世界に配信した。

 これに先駆けて行われたメディアショーケースで、SAKURA、KIM CHAEWON(キム・チェウォン)、HUH YUNJIN(ホ・ユンジン)、KAZUHA(カズハ)、KIM GARAM(キム・ガラム)、HONG EUNCHAE(ホン・ウンチェ)の6人組が勢ぞろい。一人ひとり自己紹介とあいさつをしていった。

KIM CHAEWON「LE SSERAFIMのリーダー、キム・チェウォンです。このような公式な場はほぼ1年ぶりかなと思います。とても緊張しています。これまで頑張ってトレーニングを受けながらデビューの準備をしてきました。その過程の中で新しい姿を発見することができました。これからもLE SSERAFIMの活動でかっこいい姿をお見せしたいと思います」

KAZUHA「私は15年間バレエをしていたのですが、K-POPの魅力にハマってアイドルを夢見ることになりました。このようにすばらしいメンバーに出会い、デビューの夢をかなえることができてとても幸せです。これからも頑張ります」

KIM GARAM「初めてのメディアショーケースなので、今すごく緊張しています。このようにすてきなメンバーとデビューすることができてとても幸せです。これからもすてきなステージをお見せしたいと思います」

SAKURA「私にとってはこれが3回目(HKT48、IZ*ONE、LE SSERAFIM)のデビューとなります。そのためかプレッシャーを感じていますが、よい姿をお見せしたいと思います。より発展した姿をお見せしたいと思ってデビューを頑張って準備してきました。LE SSERAFIMとしてお見せするステージ、ご声援、ご関心をお願いいたします」

HONG EUNCHAE「こんにちは、LE SSERAFIMの末っ子、ホ・ウンチェと申します。今回デビューを準備しながら、レコーディングやミュージックビデオの撮影などが初めてだったので、とても難しかったり、慣れなかったりもしましたが、メンバーみんなと乗り越えられてこの場に立つことができてとてもうれしいです」

HUH YUNJIN「背景がみんな違う6人のメンバーがこのように一つのチームになってデビューすることができてとてもうれしいです。運命のように感じます。これまで頑張って努力してきたものが結果をなしたと思うので、とても誇らしいです。これからも発展して成長する姿をお見せしたいと思います」

 あいさつ後には、タイトル曲「FEARLESS」、収録曲「Blue Flame」のパフォーマンスを披露。まずは、BTSの生みの親として知られるパン・シヒョク総括プロデューサーを筆頭に、プロデューサーチーム13や、BTSの「Life Goes On」を作業したシンガー・ソングライターのBLVSH、米ポップアーティスト・Destiny Rogersらが制作に参加したタイトル曲「FEARLESS」を、黒を基調とした衣装でパフォーマンスした。

 SAKURAは「歌は、GARAM、CHAEWON、YUNJINの順番でつながる部分が多いんです。メンバーたちは、GARAMは優しい味、CHAEWONは中間の味、YUNJINが辛口の味と言っていますので、この部分を注目して聴いていただきたいです」とアピール。ポイントダンスについてはKAZUHAが「手で目を覆う動作がサビで繰り返されるのですが、歌詞とよく合っていて真似しやすいのでポイントだと思います」と説明すると、HUH YUNJINは「メンバー同士で『目隠しダンス』と名づけました」と明かし、KIM CHAEWONとHONG EUNCHAEが披露した。

 続いて、KIM CHAEWONとHUH YUNJINが作詞に参加した「Blue Flame」を披露することに。KIM CHAEWONは「私とYUNJINが書いた歌詞が採用されて、デビューアルバムのクレジットに私たちの名前を入れることができてとても幸せです」と大喜び。HUH YUNJINも「本当に幸せで光栄に思いました。私が書いたパートを、私が歌うことになったんです。レコーディングするときにうれしく、楽しく歌いました。曲作りに欲があるほうなので、次のアルバムにももっと参加できるようになりたいです」と意欲を見せた。

 デビュー作の先行予約数は、韓国で38万枚を突破(4月29日時点)するなど、大きな注目を集めている。SAKURAは「LE SSERAFIMのデビューを待ってくださったすべての方々に感謝しています。多くの方々が期待してくださった分、本当に頑張って活動して、レベルが違うチームとは何かをお見せできるように努力したいと思います」と意気込んだ。

 記者からの質疑応答では、昨年4月29日をもって活動を終了した12人組ガールズグループ・IZ*ONEで同僚だったSAKURAとKIM CHAEWONが再び同じグループでデビューすることなどについて質問が飛んだ。

 SAKURAは「すべての活動が終わったあと、グループ活動を続けたいと思いましたし、世界でアーティストとして活動していきたいと思いました。そのときにSOURCE MUSICで新しいガールズグループを準備しているという話を聞いて、直接話したところ、私が考えているところと多くの部分が重なり、このように合流することになりました」と説明し「CHAEWONと一緒のチームでデビューすることになって本当にうれしいです」とにっこり。KIM CHAEWONも「新しい挑戦と思ってずっと準備していたんですが、SAKURAさんが加わるという話を聞いて、とても頼りになると思いました」と語った。

 また、IZ*ONEを輩出した日韓合同オーディション番組『PRODUCE 48』(2018年)でデビューは逃したものの、ともに切磋琢磨していたHUH YUNJINは、4年前にライバルだったSAKURA、KIM CHAEWONと一緒にデビューすることになった気持ちを聞かれ、「番組が終わってから練習生の生活をしていたので、SAKURAさん、CHAEWONさんとまた会えることになるとは思ってもいませんでした。またこうして同じグループとして集まることになってうれしかったです。4年経って、ぎこちなくなるのではないかと思ったんですけれど、会ったとたん、仲良く過ごすことができてうれしかったです」と明かした。

 最後にはHUH YUNJINが英語で、KAZUHAが日本語で、KIM CHAEWONが韓国語で各国のメディアにあいさつ。KAZUHAは「貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。これからもたくさんの場面で皆さんにお会いできるように頑張っていきますので、今後もLE SSERAFIMの応援をよろしくお願いします」、KIM CHAEWONは「6人のメンバーがLE SSERAFIMとして第一歩を踏み出す大切な時間にご一緒してくださり心から感謝します。これからの活動もぜひ見守っていただけるとうれしいです」と伝え、最後には6人が声をそろえて「LE SSERAFIMでした。ありがとうございました」と締めくくった。

■LE SSERAFIMメンバー プロフィール
SAKURA(サクラ):1998年3月19日/24歳
KIM CHAEWON(キム・チェウォン):2000年8月1日/21歳
HUH YUNJIN(ホ・ユンジン):2001年10月8日/20歳
KAZUHA(カズハ):2003年8月9日/18歳
KIM GARAM(キム・ガラム):2005年11月16日/16歳
HONG EUNCHAE(ホン・ウンチェ):2006年11月10日/15歳
※名前:生年月日/年齢

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ