プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

今後のマーベル・スタジオ作品の中で注目必須なヒーローは?

US版ティザーポスター=マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』7月8日公開 (C)Marvel Studios 2022の画像

US版ティザーポスター=マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』7月8日公開 (C)Marvel Studios 2022

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)の後、再び動きだしたマーベル・スタジオ映画。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を経て、あす4日に公開を控える『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』、さらに、7月8日には『ソー:ラブ&サンダー』が、日米同時公開される。今後のマーベル・スタジオ作品の中で注目必須なヒーロー4人を改めて紹介。このゴールデンウィーク中にそれぞれのヒーローの活躍を振り返っておくのもおすすめだ。

【動画】『ソー:ラブ&サンダー』特報

■『アベンジャーズ/エンドゲーム』について

 最凶最悪の敵サノスによって人類の半分が消し去られた世界で、失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカを中心としたヒーロー達“アベンジャーズ”が、時空を超えた壮絶な戦いを繰り広げた。生死を巡る激闘の末、サノスを倒し消えていた人々を救う“奇跡”を成し遂げ、マーベル史上最大の危機をやっとの思いで乗り越えた――。しかし、その中でアイアンマンやブラック・ウィドウなど、掛け替えのない仲間が命を落とし、頼れるリーダー、キャプテン・アメリカも一線を退くなど、多くの別れも経験。だが、アベンジャーズたちの戦いは、終わらない。

 新たな世代のヒーローの登場や、現実世界とは別の世界線“マルチバース”から迫る脅威など、これからアベンジャーズたちの戦いはさらに熾烈を極めていくこととなりそうだ。

■ソー(『ソー:ラブ&サンダー』7月8日、日米同時公開)

 アイアンマン、キャプテン・アメリカと共にアベンジャーズの“ビック3”と言われていたソーは、雷のパワーを操ることができ、無数の敵も一人で一網打尽にしてしまうアベンジャーズの中でも最強と呼び声の高いヒーローだ。そんな彼は、これまで先頭に立って引っ張ってきたアイアンマン、キャプテン・アメリカを同時に失うこととなったアベンジャーズたちの中で、最も今後の命運を担っているといっても過言ではない。

 しかし、最新作である『ソー:ラブ&サンダー』では、まさかの“ヒーロー引退(!?)”を宣言。ゼロから新たな道を歩むことを決めたソーは、本作でどんな道を歩むことになるのだろうか。今まで背負ってきたものを下ろし、まさにノープランで走り出す、奇“ソー”天外&予“ソー”不可能なソーの物語がこの夏をアツく盛り上げる。

■ドクター・ストレンジ(『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』5月4日公開)

 元天才外科医で、今では魔術を駆使し脅威に立ち向かっていくアベンジャーズのキーマン、ドクター・ストレンジ。不慮の事故をきっかけに魔術の力を知り、至高の魔術師の元で成長を遂げた彼は、ヒーローたちの間でも一目置かれ、アベンジャーズの中でもリーダーシップを発揮できる人物の一人だ。

 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、スパイダーマン/ピーター・パーカーを救うため、禁断の魔術を使おうとするも失敗。“マルチバース”からやってきたヴィランたちと戦うこととなった。その後、“ピーター・パーカー”に関する記憶を世界から消すことで事態の収拾を図るが…、最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、再びストレンジが“マルチバース”の世界に立ち向かっていくこととなる。今後マーベル・スタジオ作品を担うであろうドクター・ストレンジの活躍は見逃し厳禁だ。

■キャプテン・アメリカ(ファルコン/サム・ウィルソン)(『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』ディズニープラス独占配信中)

 アベンジャーズのメンバーを引っ張ってきた、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースから、彼のシンボルであり、平和の象徴だった盾を引き継いだのが、ファルコンことサム・ウィルソン。彼は、人口の翼を駆使し、アベンジャーズの中でも随一の機動力と戦闘技術で戦ってきた。退役軍人のカウンセラーとして働いていた経験を持つサムは、人々の悲しみや痛みに寄り添える優しさを持ち、スティーブからの信頼も絶大だった。大きなプレッシャーや悩みを乗り越え、平和の象徴である“キャプテン・アメリカ”として歩み始めた彼は、間違いなくアベンジャーズの中心的な人物として今後活躍を見せてくれるはずだ。

■ムーンナイト(『ムーンナイト』ディズニープラス独占配信中)

 現在、ディズニープラスで配信中で、毎週ファンを熱狂させているマーベル・スタジオの新ドラマ『ムーンナイト』の主人公である“ムーンナイト”にも注目だ。このドラマで初登場となったムーンナイトは、マーベル・スタジオ作品初の二重人格を持つヒーロー。ある時は心優しい、しがないギフトショップ店員スティーヴン・グラント。そしてまたある時は、戦闘技術にたけたマーク・スペクターという人格となり、白いスーツで敵を容赦なく殴りつける、マーベルの中でも屈指のダークヒーローだ。どんなヒーローとも違う彼らがもし、今後アベンジャーズのメンバーたちと絡むことになれば、これまでにない全く新しいシナジーを生んでくれることは間違いない。夜を舞台に人知れず悪と戦うムーンナイトの今後に注目だ。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』以後――、マーベル・スタジオの新章は、まだまだ始まったばかり! ムーナイトなど、新たに登場するヒーローの活躍も注目だが、“マルチバース”との対峙という重大な役割を担うドクター・ストレンジ。伝説のヒーローを引き継ぎ新たな時代へと人々を導くキャプテン・アメリカなど、これまでに活躍していたくキャラクターの躍進も目が離せない。

 そして、アイアンマン、キャプテン・アメリカが退いた今、彼らと共にアベンジャーズとして共に歩んできたソーの物語も、“ヒーローの卒業”、“自分探しの旅”など新たな局面を迎えることとなる。今後きっと来るであろう、新たなアベンジャーズたちが集う時、彼らはどんな掛け合いやコンビネーションを魅せてくれるのか。今後のアベンジャーズの命運を担う彼らの活躍をお見逃しなく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ