プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

横浜流星、広瀬すずとロケ地・松本“街巡りデート” 驚きの役づくり明かす

事件の15年後の更紗(広瀬すず)と恋人の亮(横浜流星)=映画『流浪の月』(5月13日公開)(C)2022「流浪の月」製作委員会の画像

事件の15年後の更紗(広瀬すず)と恋人の亮(横浜流星)=映画『流浪の月』(5月13日公開)(C)2022「流浪の月」製作委員会

 映画『流浪(るろう)の月』(5月13日公開)より、横浜流星が演じる“誘拐事件の元被害女児”更紗(広瀬すず)の現在の恋人・亮の場面写真が新たに2枚解禁となった。更紗の横で微笑む幸せそうな表情、そしてそれとは対照的に病みやつれた表情の2枚から、亮と更紗の関係の変化を感じずにはいられない。

【画像】病みやつれた表情の亮(横浜流星)の場面写真

 凪良ゆうの本屋大賞受賞作を、広瀬と松坂桃李のダブル主演、李相日監督で実写映画化した本作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・更紗(広瀬)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・文(松坂)が、15年後に再会したことから始まる物語。

 自身を“人見知り”だという広瀬と“甘えることが苦手”だという横浜の初共演で、結婚を目前にした恋人同士という設定には、準備段階から高いハードルがあったという。クランクイン前のリハーサルで、いつまでも打ち解けない二人を見て、李監督は「形は出来ているけど中身が見えない。まずは広瀬すずと横浜流星として二人の距離感を縮めた方がいいんじゃないか」と指摘。二人きりで話し合う時間を作ることに。

 横浜によると、「クランクイン直前にロケ地の松本で二人で街巡りをして、蕎麦を食べたりゲームセンターに行ったりと、普通の人同士が過ごすような日常を体験し、自然と亮と更紗になっていけたような気がします」と、驚きの役作りの裏側を明かしている。

 とにかく映画・ドラマに引っ張りだこの横浜。今年だけでも、日曜劇場『DCU』(TBS)やNetflix製作のドラマシリーズ『新聞記者』、映画『嘘喰い』が公開され、下半期も池井戸潤原作の『アキラとあきら』(三木敬浩監督)、『線は、僕を描く』(小泉徳宏監督)と主演映画の公開が控えている。

 そんな中、『流浪の月』で、更紗の恋人である亮役に横浜が配役されたことを意外に思った人もいたはずだ。亮は、“誘拐事件の元被害女児”という特殊な過去を抱える更紗を、守ろうとするがゆえにきつく束縛し、やがてその強すぎる愛情が支配、そして暴力へと変わっていく激しさともろさをあわせ持つ強烈なキャラクターであり、これまでの横浜の硬派で正統、そして紳士的なパブリックイメージを覆す役どころだからだ。

 しかし、横浜は原作が本屋大賞を受賞する前から「流浪の月」のファンだと公言しており、映画化権を李相日監督が取得したという噂を聞きつけると、なんとしてでもその世界観の一部になりたいと行動を起こし、直接李に会って、未決定だった亮役のオファーを受けたという。横浜はオファーを受けて、改めて原作を読み返し、「亮目線で読むとまた違う見方ができた」と振り返る。

 「文目線で読んでいた時は『この男、なんなんだよ』と思っていましたが、亮目線で読むと亮にも悲しい過去があり、だからこそ更紗を精一杯に愛して守り抜きたいと思っている、共感できる人間らしい部分がありました」と、単純に善悪では断罪できない生身の人間臭さを備えた横浜自身の亮というキャラクターを受け止め、最後には「僕自身が誰よりも亮を愛した」と語る。

 さらに前半から後半にかけて感情も風貌も驚くほどに変化していく亮の撮影が、可能な限り劇中の時系列通りに撮影を進めていく“順撮り”(予算やスケジュールの都合でなかなか成立が難しいとされる)で行われたとも明かし、「順撮りで撮影したことで役の感情が作りやすく、贅沢な現場だと思いました。監督は役者を第一に考えてくれる人だと感じました。すごく幸せな環境の中でお芝居ができて感謝しています」と李組での撮影を振り返っている。

 数多の現場経験を糧に急成長を遂げる横浜が、役作りへのの環境づくりの努力を惜しまない李組でいかなる新境地を切り拓いたのか、横浜が魂を込めた亮の姿に注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ