プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

名作アニメとコラボした映画『ハケンアニメ』新予告「誰かの胸に刺さってくれればいい」

「誰かの胸に刺さってくれればいい」という一心でアニメを作り続ける新人監督・瞳(吉岡里帆)=映画『ハケンアニメ!』(5月20日公開)(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会の画像

「誰かの胸に刺さってくれればいい」という一心でアニメを作り続ける新人監督・瞳(吉岡里帆)=映画『ハケンアニメ!』(5月20日公開)(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

 主演・吉岡里帆、共演・中村倫也の映画『ハケンアニメ!』(5月20日公開)より、日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく、アニメ作りに愛と情熱を注ぐ “仕事人”たちを描いたエモーショナルな特別映像が公開された。

【動画】映画『ハケンアニメ』新予告 アニメは世界を変える編

 直木賞作家・辻村深月による同名小説(マガジンハウス)が原作。一世一代の大チャンスを掴んだ新人アニメ監督・斎藤瞳役に吉岡、彼女のライバルとなる天才ワガママ監督・王子千晴役に中村のほか、瞳を振り回す掴みどころのない超クセ者プロデューサー・行城理役の柄本佑、王子の才能に人生を懸ける作品命のプロデューサー・有科香屋子役の尾野真千子らが出演。映画『水曜日が消えた』の吉野耕平が監督を務める。劇中に登場するアニメ作品は、監修に東映アニメーション、制作にProduction I.Gをはじめ、日本を代表するトップクリエイター陣が参加している。

 かつて王子監督の作品に魅了され、「アニメは魔法を超える力を与えることができる」ことを知り、「誰かの力になるアニメを作るため」にアニメ監督の道を歩んできた瞳。観る人の心に生き続け、世代を超えて、今へとつながっていく─。

 アニメの素晴らしさ物語るように映し出されるのは、『白蛇伝』(1958年/監督・脚本:藪下泰司)、『わんぱく王子の大蛇退治』(1963年/監督:芹川有吾/脚本:池田一朗、飯島敬)、『長靴をはいた猫』(1969年/監督:矢吹公郎/脚本:井上ひさし、山元護久)、『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年/監督:高畑勲/脚本:深沢一夫)、『一休さん(第1話)』(1975年/監督:今沢哲男、矢吹公郎/脚本:辻真先)、『おジャ魔女どれみ(第1話)』(1999年/監督:佐藤順一/脚本:栗山緑)、『ふたりはプリキュア(第1話)』(2004年/監督:伊藤尚往/脚本:川崎良)と新旧の名作アニメの数々。東映動画から東映アニメーションと、脈々と受け継がれる実在の名作とのコラボレーションにより、アニメがもたらす奇跡を表現した、スペシャル映像に仕上がっている。

 本映像には、アニメ監督やプロデューサー、制作現場のクリエイターや声優など、アニメ作りを支えるさまざまな職種の人々が登場。「誰かの胸に刺さってくれればいい」という一心でアニメを作り続ける新人監督・瞳、「納得できないものを世に出したらおしまいなんだよ」と産みの苦しみと戦う天才監督・王子、「一つの後悔もない作品を届けたいんです」と頭を下げるチーフプロデューサー・香屋子、「リアル以外の場所も豊かにするのが、私たちの役目ですから」と筆を動かすアニメーターの和奈(小野花梨)、「私たちは負けない、絶対に!」と自らの感情をせりふに込めるアイドル的人気声優・葵(高野麻里佳)。

 本物さながらの臨場感あふれる制作現場を舞台に、立場も経験も違えど、それぞれに信念とプライドを持ってアニメ作りに挑み続けるプロフェッショナルたちの姿にグッとくる。そして、登場人物たちの心情とリンクしながら完成へと近づいていく、2本の劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』と『運命戦線リデルライト』も必見だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ