プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

斎藤工、庵野秀明氏の脚本は複雑「僕ごときが理解できるものではない」 一度閉じた『シン・ウルトラマン』

庵野秀明氏の脚本について語った斎藤工 (C)ORICON NewS inc.の画像

庵野秀明氏の脚本について語った斎藤工 (C)ORICON NewS inc.

 庵野秀明氏(企画・脚本)、樋口真嗣氏(監督)のタッグで実写映画化される『シン・ウルトラマン』(13日公開)の完成報告会が2日、都内で行われ、出演者の斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、樋口監督が出席した。

【集合カット】長澤まさみはウルトラマンカラーのブーツで登場!豪華キャストたち

 誕生から55周年記念作品として映画化された『シン・ウルトラマン』は、次々と巨大不明生物「禍威獣(カイジュウ)」が現れて、その存在が日常となった日本を舞台に、政府は対策のスペシャリストを集結させ「禍特対」を結成し、彼らが任務に当たる中、大気圏外から突如、“銀色の巨人”が現れるストーリー。

 主人公の【ウルトラマンになる男・神永新二(かみなが・しんじ)】役を斎藤工、主人公の相棒を長澤まさみが演じる。斎藤、長澤とともに、さまざまな脅威に立ち向かう組織のメンバーを西島秀俊、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、早見あかり、田中哲司。そのほか、物語の鍵を握る役どころで、山本耕史、岩松了、嶋田久作、益岡徹、長塚圭史、山崎一、和田聰宏らが出演する。

 庵野氏からいただいた脚本の印象について聞かれると斎藤は「少しだけ参加させていただいた『シン・ゴジラ』の時もそうだったのですが、活字の量に『僕ごときが理解できるものではない』と、一度閉じたみたいなことは、今回もあった」と打ち明けた。

 続けて「台本に書かれた因数分解のような複雑かつ…」「自分の想像が追い付かないような世界観があった」と明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ