プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『太陽とボレロ』町田啓太、演奏シーンの凛々しい横顔など場面写真一挙解禁

トランペット奏者・圭介を演じた町田啓太=水谷豊監督作品第3弾『太陽とボレロ』(6月3日公開)(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会の画像

トランペット奏者・圭介を演じた町田啓太=水谷豊監督作品第3弾『太陽とボレロ』(6月3日公開)(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会

 水谷豊監督作品第3弾『太陽とボレロ』(6月3日公開)より、檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリアら主な登場人物たちの場面写真が解禁となった。

【画像】『太陽とボレロ』そのほかの場面写真

 オリジナル映画作りにチャレンジしている水谷監督。本作は、“クラシックのオーケストラ”を題材に、音楽を愛する普通の人々の人間模様を描いた洒脱なエンターテインメント作品。ある地方都市で18年間活動を続けてきた弥生交響楽団の解散が決まり、それを期に巻き起こる楽団メンバーのそれぞれの悲喜こもごもを描く。不協和音が響き、問題山積みの中、主宰者の花村理子(檀)は最後のコンサートを計画するが…。

 解禁となった場面写真は、本作の一番の見どころでもある演奏シーン。水谷演じる藤堂謙の指揮のもと、弥生交響楽団のメンバーが演奏する姿をはじめ、森演じるあかりがバイオリンを弾いている姿、さらにはロケ地である長野県安曇野市の緑あふれる風景の中で楽器を奏でている圭介(町田)、吉村(六平直政)、山野(梅舟惟永)などの姿も。

 また、圭介とあかりが楽器を手に見つめあうシーンや噴水の前で会話するシーンもあり、同期入団であり楽団の中でも仲の良い2人の関係にも注目だ。さらには、理子、鶴間(石丸)を中心に楽団員たちが集まり神妙な面持ちで何かを見つめているシーンや、理子、鶴間、圭介、あかりが横一列に並び誰かを待つシーン、そして、牧田(田口浩正)はなぜ泣いている?

 笑顔を浮かべる理子と鶴間、理子が楽団員の前で泣き笑いしているシーンもあり、弥生交響楽団最後のコンサートは最高の舞台となるのか? 

 キャスト陣が吹き替え無しで挑んだ演奏シーン、そして監督・水谷のこだわりも詰まった豊かな自然と音楽のハーモニー、そして全編通して映し出される映像美を場面写真からも垣間見ることができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ