プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

異性から「ブス」、存在を無視…屈辱的な扱いを受けた女性 生き方をも変えた1000万以上の美容整形を通して伝えたい想い

10年かけ総額1000万以上の整形で変身を遂げた美容整形ちゃん(画像:本人提供)の画像

10年かけ総額1000万以上の整形で変身を遂げた美容整形ちゃん(画像:本人提供)

 メイクをする感覚で美容整形を希望する人も多い昨今。現在、海外でノマド生活を送りながら美容整形の情報をYouTubeで発信している美容整形ちゃんは「友人が整形で可愛くなった」のをきっかけに整形への興味を募らせていった。17歳で受けたヒアルロン酸注入をきっかけに、これまで受けてきた整形の手術費用は総額1000万円以上。そんな彼女に話を聞くと「整形は自己責任。後悔しないために、自分に対して厳しくあるべき」と経験談を語る。整形で“変わっていく自分”に向き合うためには、どのような思考が必要なのか。

【写真】整形前すっぴんの学生時代からガングロギャル、女優ばりの美女へ…美容整形ちゃんの劇的な変化

■目の前の異性にまるでいないかのように扱われる絶望 整形後「対等に扱ってもらえるようになった」

 整形前は、繁華街を歩いているとスカウトマンにすれ違いざまに「ブス」と言われたりと屈辱的な体験をしたという美容整形ちゃん。友人が整形に成功し、ポジティブになっていく姿を見て、「シンプルに羨ましい」と思ったという。「ヒアルロン酸はメスを入れるわけでもないし」とまずは鼻にヒアルロン酸注入をした。

「値段も2万円ほどだったので、両親に相談はしませんでした。気づいてもいなかったんじゃないかなと思います。友人にも相談はしませんでしたね。整形後にふんわり『あ、いいじゃん』とポジティブな反応をもらったくらい」

 「注入系は繰り返し続けないといけないので、メスを入れてしまった方が安上がり」と考え、施術して以降は自分の理想を追求、納得したいために整形を繰り返した。整形は外見だけでなく、内面にも変化を与えた。

「もともと内気な性格だったので、繁華街で男性に「ブス」と言われることで、他の場所や知り合いにも、そう言われているのかもしれないと思ってしまっていたこともありました。また、異性がいる飲み会でどれだけ頑張っても、まるでそこに存在していない人みたいに目を向けてもらえなかったことも。けれど、整形をしてからはそういうことがなくなりました。一人の人として、対等に扱ってもらえるようになった。人目を気にしないで済むということは、自由に生きられるということだと思います。開放されたような気持ちです」

■「世の中の整形に対するイメージを変えたい」顔出しでのSNS発信を決意

 「整形に対する世の中のイメージを変えたかった」という美容整形ちゃん。「整形は後ろめたい事ではなく、ポジティブに生活できることをたくさんの人に知ってもらいたい」と2019年からYouTubeチャンネルを開設し、「今までに整形した施術を大公開」や「気絶するぐらい痛かった整形4選」「整形する前に絶対やるべきこと」など、自身の体験を通して美容整形に関する情報や施術レポートを配信している。

「時代は常に変わっていくので、海外生活で見つけたことや気になったことを、時代の変化に合わせて発信していきたい。いつかクリニックを作りたいと思ったりもするけれど、確実にできるかはわからないから、まだ無責任なことは言いたくないんですよね。とにかく、まずは私がしていかないといけないのは整形に関するイメージアップ。正しい発信をしていきたいです」

 YouTubeチャンネルでは、自身の整形失敗談も語っているのは、「同じ失敗をしてしまわないように、私のYouTubeを何回も見てほしい」という想いがあるからだという。

「仕上がりが思ったようなものにならなくても、自分で把握できていないのが悪いので、自己責任だと思っています。そういうことにならないように、たくさん調べたり、自分で勉強したりしないといけないと思うんです。何かを選択する時は、いつでもそうあるべきだと思います。

 整形は魔法ではないので、なりたい顔となれる顔が違うこともあります。だからこそ、下調べすることはとても大事です。自分が一生懸命勉強して、考えてやったことなら、たとえ失敗したとしても後悔しないはず。私が自分に厳しいのは、自分が後悔をしないためです」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ