プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

「ニコニコ超会議」花火×小林幸子のド派手パフォーマンス 来年4月に開催決定

ニコニコ超会議2022 小林幸子のパフォーマンスの様子 (C)ニコニコ超会議2022の画像

ニコニコ超会議2022 小林幸子のパフォーマンスの様子 (C)ニコニコ超会議2022

 ドワンゴは、2022年4月23日~4月30日の計8日間にわたり「ニコニコ超会議2022」を開催した。2019年以来3年ぶりのリアル開催となった千葉・幕張メッセでは、新型コロナウイルス感染防止のため来場人数を制限し、「会場来場者数」は9万6160人(4月29日・30日開催)となった。また、ネット会場から生放送を視聴した「ネット総来場者数」は1389万1680人(4月23日~30日開催)。

【写真】デカすぎる花火!ド派手パフォーマンスする小林幸子

 また、2023年4月に「ニコニコ超会議2023」の開催を決定するとともに、新たなイベントとして、VOCALOID・歌ってみた・踊ってみた・VTuberの4つジャンルのUGC音楽投稿祭などと、2018を最後に休止していたライブイベント「超パーティー」を合わせた新時代の音楽の祭典「ミュージック超会議」を、2022年10月に初開催することを発表した。

 3年ぶりの開催に多くのファンが歓喜した『ニコニコ超会議』。フィナーレとして、長野県諏訪湖で行われた「小林幸子 x よみぃSPECIAL 花火ライブ」では、小林幸子が最大到達点160m打ち上げ花火と一体となって歌唱し、ド派手なパフォーマンスでイベントを締めくくった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ