プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

北野武監督、イタリアのファンに「次回作を持って必ず戻って来ます」と約束

イタリア「第24回ウディネ・ファーイースト映画祭」にオンラインで参加した北野武監督 (C)Alice BL Durigattoの画像

イタリア「第24回ウディネ・ファーイースト映画祭」にオンラインで参加した北野武監督 (C)Alice BL Durigatto

 イタリア現地時間で4月29日、「第24回ウディネ・ファーイースト映画祭」でゴールデン・マルベリー賞(生涯功労賞)を受賞した映画監督の北野武が、『ソナチネ』(1993年)の公式上映前にオンラインで観客にあいさつした。

【写真】会場に北野武監督のお面?

 北野監督は、スーツも新調して成田空港まで行き、離陸を待つばかりだったが、ウディネに到着するまでの距離と、現在も継続しているロシアとウクライナの戦況などを考慮し、無事に自分が帰国できるか不安になったということで、現在進行している自身の新作映画の編集を止めるわけにはいかないと再考し、渡伊を断念する苦渋の選択をした。

 現地の会場の大画面に北野監督の姿が写し出されると、、約1000人の観客から大きな歓声と拍手が起こり、一部のファンは立ち上がって歓迎。その様子をオンライン越しに見た北野監督も、手を振り返しながら、ニコニコと和やかにあいさつをした。

 同映画祭の代表、サブリナ・バラセェッティは「ヨーロッパ人の我々は北野武監督の映画を観て育ちました。そして、映画監督として認識していた北野武監督でしたが、日本に行った時にテレビでコメディアンとして活躍する姿を見て衝撃を覚えました。北野武監督の熱狂的なファンはイタリアにいます。まさに“北野教”と言っても過言ではないほどのファンの存在、この会場の熱狂を北野武監督に直接感じていただきたかったです。とは言え、ウディネは北野武監督にとっての第二の故郷と思っていただければ幸いです。この賞を北野武監督に授与することに誇りを感じています」と、コメントを寄せた。

 今回の渡航断念のニュースを聞いて、北野監督の体調を心配していたファンも、監督の笑顔を見て安心した様子。最後に北野監督は「サブリナさん、次回作を持って必ずウディネに戻って来ます」と約束し、日本とイタリアが一つにつながった夜となった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ