プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

平祐奈、不思議系文学女子役のイメージはジブリキャラ!? 馬場ふみかの新場面写真も

浮世離れしている不思議系文学女子・東雲(平祐奈)=映画『恋は光』(6月17日公開) (C)秋★枝/集英社・2022 映画「恋は光」製作委員会の画像

浮世離れしている不思議系文学女子・東雲(平祐奈)=映画『恋は光』(6月17日公開) (C)秋★枝/集英社・2022 映画「恋は光」製作委員会

 秋★枝による同名人気漫画を、神尾楓珠主演、西野七瀬ヒロインで映画化した『恋は光』(6月17日公開)より、平祐奈演じる浮世離れしている文学少女・東雲と、馬場ふみか演じる恋人がいる男性ばかり好きになるという悪癖を持つ宿木の新たな場面写真が到着。

【画像】宿木(馬場ふみか)の新場面写真

 本作は、“恋する女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生・西条(神尾)の初恋を描く。その特異体質ゆえに、恋を煩わしく面倒なものと捉え、遠ざけてきたが、気心の知れた北代(西野)にだけは、その変わった体質のことを話し、悩みを相談してきた。一方、北代は長年想いを寄せているのにも関わらず、恋=光と考える西条から「光っていない」と言われ続けてしまっている。そんな中、交換日記をきっかけに西条と「恋の定義」について考察する文学少女の東雲や、人の彼氏を略奪する恋に燃える宿木が現れて…。

 劇中で、東雲と宿木は真逆をいくようなタイプだが、ときにライバルでありながら、ときに友情も育む不思議な関係をみせる。

 東雲は、西条と同じく恋愛経験が無く、文学や古典作品を読み漁りながら、純粋に恋を探究する。スマホを持たず、インターネットも使わない、おばあちゃんのお古の洋服を着て、「友達もいない」と明言する、ファンタジックで透明感があるがどこか浮世離れをしている存在。

 そんな東雲を演じた平について、小林啓一監督は「本作では元気でかわいい平さんではなく、背筋がピッと清楚なイメージ、漫画から飛び出してきたような人を演じてもらいたかった」と話す。当初東雲役の雰囲気を伝えるのが難しく、「スタジオジブリの作品に登場するキャラクターのイメージ」と伝えたことで、平にも伝わったのではと振り返る。

 宿木は、人の彼氏を奪いたくなってしまう悪癖を持ちながら、本当は素直に恋をしたいと思っている、実は作中で一番人間味にあふれているキャラクター。シンプルで率直な考え・態度で、悪癖がバレた同性に対しては感情を包み隠さずさらけ出す。そんな宿木を演じた馬場について、小林監督は「どんなことをしても何を発言しても嫌味がない人がよかった。そして実際に異性にモテそうな人。馬場さんはぴったりでした。主要人物の中では建前と本音のバランスが一番難しい役で苦労したと思いますが、馬場さんの努力で愛すべきキャラクターになったと思います」と絶賛している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ