プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

桐谷健太「醸し出すオーラを意識」 『インビジブル』でキャリア監察官役

『インビジブル』に出演中の桐谷健太(C)TBSの画像

『インビジブル』に出演中の桐谷健太(C)TBS

 TBS系金曜ドラマ『インビジブル』(毎週金曜 後10:00)に出演中の俳優・桐谷健太。主人公・志村貴文(高橋一生)の天敵とも言えるキャリア監察官・猿渡紳一郎を演じている。

【キャスト相関図】異色バディの関係は?登場人物を一挙紹介!

 普段目にする事故や事件には未解決事件となってしまうものも多々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事・志村貴文(高橋一生)と犯罪コーディネーター・キリコ(柴咲コウ)という絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント。

 桐谷が演じる猿渡は、寡黙で冷静な監察官で、規則やルールを重んじているため、志村の行き過ぎた捜査を問題視している。将来は父と同じ警察庁長官を目指しており、非常にプライドが高く野心家。インビジブルと手を組んだ志村が、凶悪犯たちと裏でつながっているのではないかと疑い、2人の関係に目を光らせている。

 自身の役柄について桐谷は「猿渡は掴みどころがないと言いますか、冷静沈着で情を介さない男」と紹介しながら、キャリア監察官という立ち位置を表現するため「醸し出すオーラは意識していますね」という。オリジナル脚本で繰り広げられるストーリーには「誰がどう絡んでいくのか、役者でさえ分かっていないんです。先が読めない面白さは間違いなくある」と笑顔で太鼓判を押す。

 さらに主演の高橋へ話題が及ぶと「一生とは他ドラマでも共演させてもらっていますが、今回はオリジナル脚本ということもあって、『志村という人間が本当はこうなんじゃないか』と、スタッフとすごい切磋琢磨しながら時間を掛けて話している姿がすごく印象的だなと思います」と語る。

 そんな高橋演じる志村と対峙するシーンが多く「対立はしているけれど、だからこそお互いに求めあっている部分があると感じています。それは足りない部分を埋め合っているのか、何なのか…。そういう感覚で演じています」と語る。次々と起きる事件に猿渡はどのように関わっていくのか、また志村との関係はどう変化していくのか、今後の展開にも目が離せない。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ