プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

SixTONES松村北斗、神木隆之介の神がかり的”能力”に驚愕 柴咲コウも「妖精ですね」

映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台あいさつ(左から)神木隆之介、松村北斗 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台あいさつ(左から)神木隆之介、松村北斗 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の神木隆之介、柴咲コウ、SixTONESの松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆、蜷川実花監督が14日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台あいさつに登壇。松村が、撮影中に驚愕した神木の神がかった”能力”について語った。

【ソロショット】松村北斗ら豪華キャストが登壇

 イベントで「特殊な能力を持っていそうな人」というトークテーマになり、松村が「神木くんなんですけど…」と話し始め、「撮影で天候が怪しいなと思ったときに、雲が晴れて道みたいになった先から神木くんが現れるという状況が何度かあって」と太陽に愛されているエピソードを披露。

 神木が「(松村と)2人が合わさって晴れるのかもしれない」と返すと、蜷川監督がすかさず「そんなことない、神木くんが来ると晴れるし、晴れたら神木くんが来る」と念押し。

 柴咲も神木の名前を上げ「人の心を察する能力がある」と別の能力を明かす。「私が共演者の方に話しかけたいけど、タイミングがないなと思ったときにスッと入ってきて話を盛り上げてくれてみんなでわきあいあいの空気を作ってくれる」とべた褒め。司会から「妖精みたいですね」と言われると柴咲は「確かに! 妖精ですね」と同意。

 神木も「ということは、天候を操れるのと人の心が読めるという2つの能力がありますね(笑)」と笑みを見せた。

 今作は累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックをもとに『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、初の実写映画化に挑む。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)を神木、対価の代わりに人の願いを叶える”ミセ”の女主人を柴咲コウ、四月一日の同級生・百目鬼(ドウメキ)を松村、同じく同級生・ひまわりを玉城が演じる。また、四月一日を襲う妖艶な悪女・女郎蜘蛛を吉岡が、女郎蜘蛛に心酔する手下・アカグモを磯村が演じる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ