プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ちむどんどん】沖縄出身・池間夏海、朝ドラに『なつぞら』以来の出演 料理大会で暢子のライバル役

連続テレビ小説『ちむどんどん』第4週に出演する池間夏海(C)NHKの画像

連続テレビ小説『ちむどんどん』第4週に出演する池間夏海(C)NHK

 俳優・池間夏海が、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)の第4週(5月2日~6日)に、黒島結菜演じるヒロインのライバルとして出演する。

【場面カット】キュートな黄色エプロン! 暢子のライバル役を演じる池間夏海

 本土復帰50年となる沖縄を舞台に、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」で育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島)が、料理人の夢を追いかけ、やがて上京するストーリー。第4週では、暢子が料理の腕を見込まれて、料理部の助っ人として大会に出場。そのライバルとなる屋良ひとみ役で、沖縄出身の池間が登場する。岩間は『なつぞら』以来、2度目の連続テレビ小説出演となる。

■池間夏海 コメント
――朝ドラは『なつぞら』以来のご出演となります。今回は、池間さんの出身地・沖縄を舞台にした『ちむどんどん』へのご出演となりますが、『ちむどんどん』に参加されたご感想を教えてください。

2度目の朝ドラ出演が、故郷沖縄を舞台にした作品で、池間夏海としても沖縄県民としても、本当にうれしく思いましたし、ちむどんどんしました! 北部のやんばると私の地元、南部の豊見城とでは、イントネーションが微妙に違うので、方言は特に意識して演じていました。

――収録では、黒島結菜さんとの共演となりますが、撮影の雰囲気などはいかがでしたでしょうか。

現場で黒島結菜さん、高田夏帆さんが「沖縄出身なんだね」と声をかけてくださって、沖縄トークができたことは、とてもうれしく思いました。リハーサルから撮影まで、空気感の温かさをすごく感じながら、共演者の皆さん、スタッフの皆さんのチームワークに支えられ、思いきり演じることができました。

――視聴者の方へのメッセージをお願いいたします。

綺麗な景色やおいしい食べものに、あたたかい人々、私の故郷、沖縄の魅力がぎゅっと詰まったドラマです。全国の皆さんにその魅力が伝わるのではないかなと思います。私が演じる屋良ひとみが、どのように暢子に関わっていくのか…それによって何が起こるのか…ぜひ注目してご覧いただきたいです!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ