プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

「誰か迎えに来て…」飼い主の死で置き去りにされた猫、なんとか救われるも「ボランティアも無限ではない」

置き去りにされた猫、かめちゃん(写真:ねこけんブログより)の画像

置き去りにされた猫、かめちゃん(写真:ねこけんブログより)

 全国には多くの保護猫ボランティアが存在し、日々猫たちが幸せに暮らせるようにと活動を行っている。だが、コロナ禍や高齢化の影響で、「猫を引き取ってほしい」という依頼が後を絶たないという。ボランティアも、決して無限ではない。今回紹介するのは、ある人が飼っていた猫『かめちゃん』の話。置いてきぼりになってしまったこの老猫について、NPO法人『ねこけん』代表理事の溝上奈緒子氏に聞いた。

【写真】「まるで別猫!」妖怪のような汚い猫、洗ってみたら奇跡の美猫に…仰天ビフォーアフター

■亡くなった飼い主、他の家族は“かめちゃん”を置いて引っ越した

 かめちゃんは、体に真菌(カビの仲間、増殖することで様々な症状を引き起こす)を抱えた、12歳をゆうに超えた老猫。もともとは飼い猫で、中外自由飼いで生活していたそうだ。ところがある日、かめちゃんを飼っていた世帯主が亡くなってしまった。本来であれば、世帯主以外の家族が引き取ってくれそうなものだが、彼らはそうすることなく引っ越していったという。外にいたかめちゃんはただ1人、その場に取り残されてしまったのだ。

 その家の近辺には個人でボランティアをしている人がいて、TNR活動や野良猫たちの保護をしていた。だが、かめちゃんは飼い猫であるということで、その救いの手からも漏れた。そのボランティアの人が、引っ越した家族に「迎えに来てほしい」とお願いをしたものの、それは叶わなかったという。

 いくら中外自由に飼われていたといっても、かめちゃんは老猫。しかも、皮膚の疾患などを引き起こす真菌も抱えている。ごはんをもらい、安心して生活できる家をなくしたかめちゃんが、とても外で生きていけるとは思えなかった。

 そこで、ボランティアの人たちはどうにかしてかめちゃんを保護をしようと奮闘。一時的に保護をする場所がなかったため、以前『ねこけん』の保護猫を迎えたある家族の実家に相談した。快諾したその家族は、真菌があるかめちゃんのために隔離スペースを用意。こうして、かめちゃんはなんとか安息の場を得ることができたそうだ。今はまだ、緊張で人がいるとご飯を食べないというが、静かに見守られているかめちゃんが元気を取り戻す日は近いだろう。

 このかめちゃんのように、飼い主の都合で「飼えなくなった」「引き取ってほしい」という依頼は、とても多いという。原因の一つは、やはりコロナ禍だ。

 「コロナ禍の影響で職を失ってしまい、お金がなくなって安い物件に移り住む人は増えています。ですが、それまでと違い、新たな住まいはペット不可。だから『引き取って』という依頼はよくあります。ほかにも、困窮して家賃を滞納していて、猫の医療費はとても払えない、という人も。『ねこけん』としても、譲渡する際は経済的な面でも条件をつけていますが、なかなかそういった事例は減りません」

 そしてもう一つ、深刻なのが高齢化の影響だ。独居老人が寂しさを紛らわすために猫を飼う、というのはよくある話。ところが、その飼い主が亡くなってしまうと、猫たちの行き場がない。かめちゃんも、そのようにして置き去りになってしまった。

 「そうして、『猫をどうしよう』という相談もよくあります。これは決して貧困層だけの話ではありません。裕福な方で、『老人ホームに入るから猫を飼えなくなった』という依頼も多いんです。たしかに、ペット可のホームはあまりありません。今後は、飼っている犬猫と共に暮らせるホームがより必要になってくると思います」

 飼っていた人が亡くなり、それ以外の家族や親戚が引き取れなければ、猫は野放しにされるか、殺処分されてしまう。人間の都合で飼ったはずなのに、そんな運命しか待っていないとは、あまりに悲しいことだ。最後の砦として保護ボランティアはいるが、「ボランティアも無限ではない」と、溝上代表も頭を悩ませる。「限界になる前に、先々の準備をしてほしい」。動物と暮らす人、迎えたいと考える人は、ぜひ「もしも」のことを考えた対応をするべきだろう。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ