プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

小田和正、放送20周年『ガイアの夜明け』に新曲「ナカマ」提供「製作者の心意気に応えたいと」

テレビ東京『ガイアの夜明け』エンディングテーマを6月3日放送回から担当する小田和正の画像

テレビ東京『ガイアの夜明け』エンディングテーマを6月3日放送回から担当する小田和正

 シンガー・ソングライターの小田和正が、放送20周年を迎えたテレビ東京の経済ドキュメンタリー番組『ガイアの夜明け』(毎週金曜 後10:00)のエンディングテーマ「ナカマ」を書き下ろしたことが明らかになった。コーラスには佐藤竹善(SING LIKE TALKING)と松たか子が参加した同曲は、6月3日放送回から使用される。

【2019年のライブ写真】71歳にしてなおステージを走り回る小田和正

 2002年4月にスタートした『ガイアの夜明け』は、ドキュメンタリーに経済的な視点を入れるかつてない番組。当初は「経済」と「ドキュメンタリー」が両立するのかといった声が上がっていたものの、バブル崩壊後の暗い日本経済に光明を見出すべく奮闘する人々を追いかけ、放送20周年を迎えた今も、日本のみならず地球規模で起きているさまざまな事象に立ち向かい、奮闘する人々を取材している。

 番組の顔となる「案内人」は、初代・役所広司、2代目・江口洋介からバトンを受け、2020年1月から3代目の松下奈緒が担当。今年4月1日放送回からは、その松下自ら作曲し演奏した楽曲「光~ray of light~」をオープニングテーマ曲として使用している。

 テレビ東京・報道局の清水昇チーフプロデューサーは「コロナやウクライナ問題など、厳しいことが多い時期だからこそ、みんなが頑張れる新たな応援歌がほしい」と、小田和正にオファー。番組のために書き下ろした新曲「ナカマ」を提供され、「優しい歌詞と優しい歌声…小田さんならではの世界が広がっています」と感激している。

 小田は「『ガイア』を見ていると製作者の心意気が強く伝わって来ます。それに応えたいという気持ちで書きました。団体で戦うというのはどういうことか。見えないところで懸命に頑張る仲間がいてくれるからそこへたどり着ける。自分の現場でもそんな人たちが大勢います。少しでも番組の役に立つことができればうれしいです」とのコメントを寄せた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ