プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

窪田正孝、“登壇者一人”でも「ひとりじゃないと思わせてくれる」チームラジハに感謝

TOHOシネマズららぽーと福岡で行われた映画『劇場版ラジエーションハウス』の舞台あいさつに登壇した窪田正孝の画像

TOHOシネマズららぽーと福岡で行われた映画『劇場版ラジエーションハウス』の舞台あいさつに登壇した窪田正孝

 俳優の窪田正孝が27日、TOHOシネマズららぽーと福岡のオープンを祝して、ひとり福岡の地で映画『劇場版ラジエーションハウス』(4月29日公開)の舞台あいさつに登壇した。

【動画】学生の言葉に感動する窪田正孝&本田翼

 福岡を訪れるのは2度目で、前回も舞台あいさつだったと語る窪田。「水炊きが大好きで、行きたいお寿司屋さんもあるので、今年は九州を旅したいと考えてます。やっぱり九州って、福岡っていいなと思いました」と、なごやかにスタート。

 ひとりで宣伝する窪田のために、“チームラジハ”から届いた質問やメッセージに応えてながら、窪田の新たな一面が垣間見えたり、窪田から見た“チームラジハ”の印象が聞けたたり、本作のポスターのキャッチコピーにある“ひとりで闘う必要なんてない。”を、まさに感じさせる舞台あいさつとなった。

 コメントを寄せたのは、(紹介順に)矢野聖人、丸山智己、浜野謙太、八嶋智人、山口紗弥加、遠藤憲一、広瀬アリス、本田翼。

 広瀬からは「なんか、エール!!!って感じですよね。きっとボタさんが超絶漫談してくれると思うので皆様お楽しみに」というメッセージを受け、窪田は「ハードル上げるな!」とスクリーンに向かってツッコミを入れる一幕も。そんな広瀬についても窪田は「本当にエネルギッシュで、一番気を使って周りを見ているし、頑張り屋さんで。演じた広瀬裕乃と同じような彼女をシーズン1から見ていて、シーズン2で2年ぶりに会った時に、成長してる姿や女優として光が増してる姿を見た時に、アリスが成長した分、裕乃の輝きが増していて、うれしい気持ちになりました」と、しみじみ。

 本田のメッセージは、「日本全国に『ラジハ』の良さを伝えてくれてありがとう! 唯織! みんな!! 劇場で待ってるよ!」(全文)と、誰よりも簡潔なもので、思わず窪田も「終わり? さすがだな。本田らしいですね!」と苦笑いだった。

 その“本田らしさ”について「彼女は好きなものがハッキリしていて。皆やっぱり真っすぐなんですよね。彼きなものには興味を示すし、まったく興味のないものは全然話に入ってこないし、そこがいい関係だなと思います」と話していた。

 窪田は「こんなに仲が良い現場は初めてで、後にも先にもないかもしれません。それくらい皆元気いっぱいで、そんな仲の良さが映っているんじゃないかと思います。ドラマとはまた違った形でいろんな物語が相対的に動くので、あっという間の2時間になってるんじゃないかと思います」と作品をアピール。

 3年前にシーズン1が放送されてから、コロナ禍になり、シーズン2を経て、映画化されるという“旅路”を振り返り、「いつも思うのですが、この作品は、本当に“ひとりじゃないな”と思わせてくれるんです。それは、誰とも分け隔てなく接してくれる鈴木雅之監督の人柄もあって、愛を持ってる人じゃなきゃ、愛が詰まった作品はできないんだなと感じています」と率直な気持ちを語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ