プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

阪急メンズ東京&大阪、おりがみ会館とのコラボレーション装飾を展開

阪急メンズ大阪×おりがみ会館のコラボレーション装飾 撮影:河野明広の画像

阪急メンズ大阪×おりがみ会館のコラボレーション装飾 撮影:河野明広

 阪急メンズ東京・大阪は、文京区の文化遺産に指定されている安政5年(1858年)創業の『お茶の水 おりがみ会館』とのコラボレーションで、日本が誇るおりがみとファッションを組み合わせたデコレーションを展開している。

【写真】現代芸術家の江頭誠氏が、阪急メンズのデコレーションをジャック

 染紙・千代紙製造の老舗として日本古来の伝統技術「和紙染め」が認められており、職人技が光る和紙を使った、繊細なおりがみ装飾の数々とファッションが融合。来店されるお客様の目を楽しませる。

 阪急メンズでは4月・5月の館内テーマを“DLTG -play doing it together-”とし、和の文化である「茶の湯」や「工芸品」などを通して、クラフトの奥深さを知りスロータイムを大切にするライフスタイルなどを提案している。

 展示期間は、阪急メンズ大阪が5月24日まで、阪急メンズ東京が5月27日まで。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ