プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

BE:FIRST、生涯アーティスト宣言 現役は「死ぬまでだと思います」

生涯アーティストであることを宣言した(左から)LEO、SHUNTO、JUNON、MANATO、SOTA、RYOKI、RYUHEI (C)ORICON NewS inc.の画像

生涯アーティストであることを宣言した(左から)LEO、SHUNTO、JUNON、MANATO、SOTA、RYOKI、RYUHEI (C)ORICON NewS inc.

 7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTが28日、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでオフィシャルサポーターを務める展覧会『ボテロ展 ふくよかな魔法』の取材会に参加した。

【写真】「音楽を一生やっていたい」…音楽への思いを語ったRYUHEI

 同展は、人間も静物もぷっくりと膨らみ、素朴でユーモアあふれる作風が愛される南米コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ(1932年 ~)の日本国内では26年ぶりとなる大規模展。生誕90年という節目の年に、ボテロ本人の監修のもと、初期から近年までの油彩ならびに水彩・素描作品など全70点を展覧する。

 90歳を越えても現役を続けるボテロ。いつまで現役を続けたいか問われたLEOは「死ぬまでだと思います」と即答。続けて「ここにいるメンバー全員、音楽が好きで集まっている。アーティストという職業ではあるんですけど、生活の一部に音楽がある7人。音楽から離れることはない。自分の人生を全うするまでは音楽がそばにあるかな」と口にしていた。

 最年少のRYUHEIにとって、ボテロの年齢に達するまでに約80年あるが、「余裕です」とにやり。「音楽をやること自体が自己肯定感を上げてくれる。音楽を作ったり、歌を歌ったりということに喜びがある。それが続く限りは、ずっと音楽が好き。一生やっていたいなという気持ちがあります」と宣言していた。

 同展は、7月3日まで同所で開催。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ