プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

お笑いコンビ・うしろシティが4月末で解散 阿諏訪泰義は個人で活動、金子学は松竹芸能所属のまま

うしろシティ(左から)金子学、阿諏訪泰義 (C)ORICON NewS inc.の画像

うしろシティ(左から)金子学、阿諏訪泰義 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・うしろシティ(金子学、阿諏訪泰義)が4月30日に解散すると、所属する松竹芸能の公式サイトで28日、発表された。

〈ツイッターより〉解散を報告 それぞれの今後について発表したうしろシティ

 同社は「この度、弊社所属タレントの『うしろシティ』(金子学、阿諏訪泰義)は、2022年4月30日をもってコンビを解散することになりました」とし、今後について「阿諏訪泰義は弊社を離れ個人で活動いたします。金子学は弊社にて引き続き活動して参ります」としている。

 また金子は同日、ツイッターを更新し「みなさまへご報告です。このタイミングでコンビ活動はなくなりますが、作ってきたコントが色んな形で残るのは関わってくれたたくさんの方々のおかげで、応援してくれたみなさんのおかげです。ありがとうございました! 晴れ晴れです!」と心境をつづった。

 また阿諏訪もツイッターにコメントを発表。「2009年に結成した『うしろシティ』というコンビを解散する事になりました。2020年に活動を休止し、それ以降はさまざまな方向性を考えて各々動いてきました」と説明。「今後は金子は松竹芸能に残り、僕は事務所を作って活動していく予定です。コンビ結成当時、得体の知れない僕らを拾って救って下さった松竹芸能には感謝しかありません」と謝意をつづった。

 「そしてなにより、こんな変な名前のコンビを応援して下さった皆様に心からお礼を言わせて下さい。13年間本当にありがとうございました。またいつか、金子と馬鹿みたいなコントをやれたらいいな、と思いながら日々生きて行きます」と記した。

 うしろシティは金子と阿諏が2009年4月に結成。「平成24年度NHK新人演芸大賞」演芸部門 大賞受賞、『キングオブコント』で2012、2013、2015の決勝に進出した。

 金子は2019年にフィンランドで行われた「第1回ヘヴィメタル編み物世界選手権」で優勝。阿諏訪はキャンプや料理などの趣味を生かした分野で活躍している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ