プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

伊藤健太郎主演、映画『冬薔薇』よくある再生の物語ではない予感の予告編

映画『冬薔薇』(6月3日公開)(C)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERSの画像

映画『冬薔薇』(6月3日公開)(C)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS

 阪本順治監督がオリジナル脚本で、人間の業を切なく儚く描き、俳優の伊藤健太郎が主演する映画『冬薔薇(ふゆそうび)』(6月3日公開)の予告編とポスタービジュアルが到着した。

【動画】映画『冬薔薇』予告編

 主人公の青年・淳(伊藤)は、不良グループ同士の揉め事で足に怪我を負い入院するが、頼みのグループからも距離を置かれてしまう中途半端な男だ。そんなある日、淳の仲間が襲われる事件が起きる。

 解禁となった予告篇では、心の距離を埋めることができないでいる淳の父・義一(小林薫)の「自分で気づくの待ってんだけどね」、そして母・道子(余貴美子)の「あんた、背筋がぞっとしたことなんてないでしょ」というせりふに続き、家族や友人、自分自身の過去と向き合うことなく、ずっと逃げてきた淳の姿を点描していく。

 「俺さ、ひでぇことしてきたかなって」とつぶやく淳に、船の機関長・沖島(石橋蓮司)は「これからはするな」と諭す。予告篇に挟み込まれる数々の描写は、淳を取り巻く人々にも焦点が当てられ、それぞれに心の欠損を抱えた寄る辺なき者たちの物語の一端が垣間見えるものになっている。

 あわせて解禁となったポスターでは、登場人物たちの姿が切り取られている。ガット船「渡口丸」のブリッジ(操舵室)に立つ義一、冬薔薇の苗木を見つめる道子、そして振り返りながらどこか遠くを見つめる淳の眼差し。冬に咲く薔薇と書いて「ふゆそうび」。本作は、よくある再生の物語ではないようだ。だが、冷たい冬の風の中で健気に咲いた花にも似た何かが宿っている。オールロケ撮影で切り取られた横須賀の風景が、そう期待させる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ