プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ちむどんどん】川口春奈、“ネーネー”良子は「もがきながら成長する姿が勇気を与える」

連続テレビ小説『ちむどんどん』の場面カット(C)NHKの画像

連続テレビ小説『ちむどんどん』の場面カット(C)NHK

 俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合 ※土曜日は1週間の振り返り/月~金 前7:30 BSプレミアム・BS4K)。本作で、比嘉暢子(黒島)の姉・良子を演じる川口春奈が、自身の役柄や撮影秘話を語ってくれた。

【キャスト相関図】登場人物を一挙紹介!これで予習はバッチリ

 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は東京へ行き、レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋をする。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

 大河ドラマ『麒麟がくる』に続き、初の朝ドラ出演を飾る川口は「お仕事していくなかで一つの目標。朝の顔といいますか、毎日皆さんに見て頂く機会をいただけるのは、うれしく思っています。一人のキャラクターをこれだけ長い期間演じる機会はなかなかない。大河ドラマもそうですけど、学生の頃からいつかは朝ドラに出てみたいと思っていました」と大役抜てきに感無量の様子だ。

 川口が演じるネーネー(姉)こと比嘉良子は、努力家の優等生。抜群に勉強ができて、性格も優等生。正反対の性格の兄・賢秀とたびたびケンカになり、料理は苦手。人一倍の努力の末、子どものころからの夢だった小学校の教員になり、母校で教壇に立つ。

 自身が演じるキャラクターを「長女でしっかり者で責任感、正義感が強い女性なんですけど、一方で年齢ならではの悩みや弱さも兼ね備えてる」と紹介しながら「すごい人間味にあふれている。完璧じゃなく、もがきながら成長していく姿が勇気を与えて、女性として共感していただける部分があると思っています。完璧じゃないキャラクター像が視聴者の方にポジティブに受けて止めてもらえれば」と願った。

 3ヶ月程度で終わってしまう普段の連ドラ撮影とは違い、『ちむどんどん』では長い期間を重ね、文字通り家族のような絆を深めているそう。「今回が家族の話ということもあり、一緒にいる時間がお芝居にも投影されると思います。皆さんとコミュニケーションを取りながら温かい空気感でお芝居させてもらっている。撮影もテキパキ進んでいくので徐々に緊張しなくなりました。ロケに出かけられるのも大きな要因だと思います」と充実の表情を浮かべる。

 また、ヒロインを務める黒島への印象を問われると「本当にしっかりしていて頑張り屋さん。そこは暢子と重なる部分が多い。日々大変なスケジュールの中で、一つも泣き言を言わずに明るく頑張っている彼女を見て『私も頑張らなきゃ!』と常に思わされています」と刺激を受けているという。今後の物語で川口演じるネーネーが、ヒロイン暢子をどう支えるのか、注目が集まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ