プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

田中圭、映画『ザ・ロストシティ』“クセ強”キャラの吹替に挑戦「メラメラしました」

田中圭がお茶目なイケメンモデル“アラン”の吹替を担当=映画『ザ・ロストシティ』(6月24日公開) (C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.の画像

田中圭がお茶目なイケメンモデル“アラン”の吹替を担当=映画『ザ・ロストシティ』(6月24日公開) (C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

 サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムがダブル主演、ダニエル・ラドクリフ、ブラッド・ピットら、ハリウッド・スターが共演する映画『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)の日本語吹替版の制作&上映が決定。俳優の田中圭が、チャニング・テイタムの吹き替え俳優に決定した。念願のオファーに「メラメラしました」とコメントを寄せている。

【動画】映画『ザ・ロストシティ』予告映像

 この作品をプロデューサーとしても牽引するサンドラが演じるのは、人生に後ろ向きな恋愛小説家ロレッタ。彼女が書いたロマンティックな冒険モノ小説をきっかけに、伝説の古代都市「ロストシティ」をめぐるド派手で予測不能なノンストップ・アドベンチャーの幕が上がる。

 彼女の作品の主人公「ダッシュ」を演じる薄っぺらいセクシーカバーモデル、アラン(チャニング)、謎の億万長者フェアファックス(ダニエル)、そして颯爽と登場する謎の超絶イケメン、ジャック(ブラッド)ら、とびきりユニークでクレイジーなキャラクターたちの化学反応も大きな見どころ。

 果たして、億万長者が狙っているロストシティとは何なのか? 彼らはこのロストシティに隠された「謎」を解き明かし、無事に抜け出すことができるのか!?

 3月25日に全米で公開され、オープニング週末3日間の興収が3100万ドルを記録、初登場1位を獲得した。製作かつ主演を務めるサンドラは「まさに今こそ、こういった現実逃避できる底抜けに楽しい映画が求められているし、だから私たちはこの映画を作ったの」とコメントしている。

 今作の最大の見どころは、ダブル主演のサンドラとチャニングのせりふの掛け合い。その魅力を最大限に日本の観客へ伝えるキャスティングとして、コメディセンス&表現力抜群の田中圭がチャニング・テイタム演じる”アラン”役に決定した。チャニングにも負けず劣らず筋肉質の体格も抜群な田中は、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)、『ゴジラvsコング』(21年)のラッセル役(カイル・チャンドラー)以来の吹替作品となる。

 「声優のお仕事は、もう一度挑戦したい念願のお仕事だったので、うれしかったです。オファーをいただいて、字幕もなく、吹き替え台本を見ながら映画を見たのですが、言語も関係なく笑わされるシーンもあれば格好良いシーンもあって、すごくバランスがいい映画だと思いました。大胆なボケもハリウッド映画だなと、面白い作品で、やりたいという思いが強かったです。『やったあ!』、『頑張ろう!』と、メラメラしました」と、爽やかな外見の内に秘めた持ち前の情熱を感じさせる意気込みコメントが届いている。

 アランは、常にシャツのボタンほぼ全開でセクシーアピールをするカバーモデル“ダッシュ”に扮し、自ら吹き消したキャンドルでライトを探そうとするおバカで“クセの強い”キャラクター。チャニング自身「正直かなり頭がおかしいと思う」と言いながら演じたこの“クセ強”キャラを、田中がどのように演じるのか、期待が高まる。

 秘宝を狙う億万長者役のダニエル・ラドクリフの吹替は、長年彼の吹き替えを担当し、『賢者の石』~『死の秘宝』まですべて演じ通した「ハリー・ポッター」シリーズを筆頭に、”秘宝”探しが最も似合う声優・小野賢章が担当。本作ではひたすらに卑しい悪役に徹した劇中のならずモノっぷり、そして、田中との共演も注目だ。小野がナレーションを入れた日本版予告映像も解禁となった。

 そのほか、主演のサンドラ・ブロックは本田貴子、ブラッド・ピットは堀内賢雄と各キャストを長年担当してきたレジェンド声優が務める。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ