プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ドンブラザーズ』5月は“ロボ祭り” ヒーローがロボットに“のる”ではなく“なる”

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』より (C)テレビ朝日・東映AG・東映の画像

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』より (C)テレビ朝日・東映AG・東映

 破天荒な展開で話題のスーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)。ドンモモタロウ/桃井タロウ(樋口幸平)を中心に、サルブラザー/猿原真一(別府由来)、オニシスター/鬼頭はるか(志田こはく)、イヌブラザー/犬塚翼(柊太朗)、キジブラザー/雉野つよし(鈴木浩文)という個性豊かなキャラクターたちが織り成す人間ドラマとド派手なバトルシーンの融合が話題となっている。

【写真】5体合体した「ドンオニタイジン」

 スーパー戦隊シリーズといえば、巨大な敵とのロボットバトルも見どころの1つ。これまで『ドンブラザーズ』では、ドンモモタロウが操縦するロボ「ドンゼンカイオー」が孤軍奮闘していた。もちろん、このままで終わるはずはなく…。今週5月1日放送の第9話で、ドンモモタロウが「ロボタロウ」にアバターチェンジ。5月8日放送の第10話から、それぞれヒーローごとのロボも華々しく登場することになる。さらに、5月22日放送の第12話では、それらのロボが勇壮に5体合体することに。5月の『ドンブラザーズ』は“ロボット祭り”となる。

 『ドンブラザーズ』は“革新的なスーパー戦隊”を自称しており、これまでのロボとは一風変わったものに。『ドンブラザーズ』の世界では、ヒーローたちがロボットに「のる」のではなく、ロボットに「なる」。ヒーローたちがコックピット空間で巨大ロボットを操縦する、というのがこれまでの“よくある”図式だったが、『ドンブラザーズ』のヒーローたちは変身銃の「ドンブラスター」に専用ギアをセットし、アバターチェンジと呼ばれる変身プロセスを起動。そして「ロボタロウ」というロボ形態にアバターチェンジ。つまり、ヒーロー自身がロボ形態になる。

 ただ、ロボ形態に変身しただけでは等身大のサイズ…。ここから5体合体ののちに巨大化プロセスを経て、そこで初めて「ドンオニタイジン」という巨大ロボットになるという。

 言葉だけでは伝わりにくいが、百聞は一見にしかず。5月に放送される『ドンブラザーズ』は必見だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ