プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

「不細工なせいでいじめられ…」自分の顔が嫌いだった女装男子、葛藤乗り越え見つけたもの「本当に好きな姿はこれだと気づけた」

驚きの変貌を遂げたunknownちゃん(@0828unknown)の画像

驚きの変貌を遂げたunknownちゃん(@0828unknown)

 学生時代、容姿のことでイジられたり、いじめられたりしていたというunknownちゃん(@0828unknown)。「自分の顔が嫌いだった」という彼は、女装やコスプレを知ったことで、心境的にも大きな変化があったという。現在では、SNSへの写真投稿やイベントに出演、外出する際も美麗なメイクを施しているそう。そこに至るまでの葛藤、そしてカミングアウトした家族の意外な反応まで、率直な意見を聞いた。

【ビフォーアフター】「まるで別人!」不細工イジりされていた学生時代、からの超絶美女…驚きしかない衝撃写真

■「少しの間だけ元の自分を忘れられる」、女装に傾倒した理由

――現在は女性と見まがうほど美麗な容姿をされていますが、今の姿になるまでの間で、嫌な思いをしたことはありますか?

【unknownちゃん】学生のころは、不細工であることをイジられたり、それが原因でいじめられたことも多かったので、自分の素顔が嫌いでした。女装はメイクで顔が大きく変わるので、少しの間だけ元の自分を忘れられる…というところが魅力で。そこに惹かれて、どんどん傾倒していった感じです。

――女装とコスプレ、最初に興味を持たれたのはどちらですか?

【unknownちゃん】最初は女装でした。中学生のころに“男の娘”というジャンルがあることを知って。「女の子にしか見えないのに、じつは男性」というギャップが新鮮で興味を惹かれたんです。そのときは、実際に会うことはないだろうな…くらいの気持ちでいたんですけど、いざ大人になって、世の中に出てみると、そういった活動をしている人は大勢いることがわかってきて。「自分もやってみたい!」と思い、女装に挑戦するようになりました。

――女装するようになって、容姿だけでなく内面的にも変化はありましたか?

【unknownちゃん】メイクや女装を通して、素の自分を出せるようになったといいますか。本当に好きな姿はこれだ…ということに気づけたのが大きな変化ですね。それに合わせて、これまでぜんぜん触れてこなかったファッションにも興味が湧いてきて。子どものころから容姿には自信がなくて、人前に出るのも苦手だったんですけど、いまはそうした苦手意識もなくなり、女の子の格好をしたままでも、堂々と人前に出られるようになりました。

――恋愛対象は男性/女性のどちらになりますか?

【unknownちゃん】どちらも対象になりますが、誰でもいいというわけではありません(笑)。とはいえ、自分自身はぜんぜんモテないので、他の方から告白されたりなどは…ほとんどないですね(泣)。

――ツイートを拝見したところ、イベント参加やSNSへの写真投稿だけでなく、プライベートでも女装に取り組まれているみたいですね。

【unknownちゃん】いつもというわけではないんですけど、休みの日にお出かけするときは、メイクをして外出することが多いですね。そのときは明確な女装ではなく、中性っぽさを意識したメイクをしています。

――女装やコスプレで、影響を受けた人はいますか?

【unknownちゃん】女装の練習をしているときに、「めるもも女装男子さん」という方のTikTokを拝見したんですけど、これが衝撃的で…。なかでも「男性の姿からアニメの女の子キャラに変身する」という動画がおもしろくて、見ているうちに僕自身もコスプレに興味が湧いてきて。気づいたら女装のノウハウを生かして、女の子キャラのコスプレにも取り組むようになり、今に至ります。

――つい最近、ご家族にもコスプレ&女装活動をカミングアウトされた…ということをSNSにアップされていましたが、どういった経緯でそのような状況になったのでしょう?

【unknownちゃん】じつは母も元コスプレイヤーでして…。バレるのが恥ずかしくて、これまでずっと隠して活動していたんです。でも、コスプレ歴も2年になるので、そろそろ明かしてもいいかなと思って。それとカミングアウトすることで、コスプレイヤーとしての成長にも繋がるといいなという思いもあり、直接話してみたんです。

――反応はいかがでしたか?

【unknownちゃん】すんなり受け入れてくれました。母が使っていたコスメや、メイクの本なども譲ってもらえたので、これならもっと早く話しておけばよかったですね。

――ご家族に公表されたことで、日々の活動や精神面においても変化したところはありますか?

【unknownちゃん】母からコスプレに関する、いろんな経験談を聞かせてもらえたんですけど、これがすごく勉強になって。今後の活動にも生かしたいですね。それと、新しいコスプレに挑戦して感じたことや、コスプレイベントに参加した際にあった出来事などを、気軽に話せる相手ができたというのも初めての経験で…。コスプレをすることが以前よりさらに楽しくなりました。

■一歩踏み出せない人に伝えたい、「迷っているその瞬間が、いちばん動くべきとき!」

――他のコスプレイヤーや“男の娘”の方たちにも、家族へのカミングアウトはオススメできますか?

【unknownちゃん】一概にどちらがいいとは言えないですね。僕の場合、たまたま母がコスプレや女装に対して理解のある人でしたが、そうしたジェンダーに関わる問題について、理解してもらえない家庭もまだまだ多いと思うので。もちろん家族だけでなく、友だちなら相談しやすい…というケースもあるので、誰にも言えずにモヤモヤするようなら、悩み続けるよりも、勇気をもって信頼できる相手に打ち明けてみたほうがいいかもしれません。

――ビジュアルも含め、自身のやりたいことを貫くunknownちゃんさんの生き方には、共感する人も多いと思います。最後に、そうした「やりたいこと」がありながらも、なかなか一歩踏み出せない人、迷っている人に、ひと言お願いします。

【unknownちゃん】迷っているその瞬間が、いちばん動くべきとき! やらずに後悔するよりも、恐れずに挑戦することが大切だと思います。「自分とは住む世界が違う」と感じるあの子も、その子も、最初はみんな、その道の初心者だったわけですから。勇気をもって、やりたい道に踏み出しましょう。

(文:ソムタム田井)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ