プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

デヴィ夫人『捜査一課長』で出川ガールズ・谷まりあとドラマ初共演 井手上漠は地上波ドラマ初出演に感激

『警視庁・捜査一課長season6』第3話に出演する(左から)デヴィ夫人、コロッケ、井手上漠(C)テレビ朝日の画像

『警視庁・捜査一課長season6』第3話に出演する(左から)デヴィ夫人、コロッケ、井手上漠(C)テレビ朝日

 テレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』(毎週木曜 後8:00)の第3話がきょう28日に放送される。第2話では新レギュラーの子猫・豆太郎の役名が“あずき”に決定したことが劇中で明らかになったが、第3話では豪華な個性派ゲストが大集結する。

【貴重写真】横顔美人!”19歳”若々しい頃のデヴィ夫人

 ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く『警視庁・捜査一課長』。最新の『season6』では“シリーズ誕生10周年”の集大成に挑んでいる。

 今回は、揚げたてコロッケが事件のカギを握る、衝撃のミステリーが展開され、フレンチシェフ役として谷まりあ、殺されたコロッケ作りの達人を西尾まり、シェフの亡き父を林家正蔵が熱演するほか、ものまねタレントのコロッケ、モデルの井手上漠、そしてデヴィ夫人と、個性派ゲストが多数出演する。

 東京・銀座で揚げたてのコロッケを握りしめた女性の遺体が発見されるところから物語はスタートする。被害者は、スーパーの総菜コーナーで働き、“コロッケの女神”とよばれていた揚田温子(あがりた・あつこ/西尾まり)。捜査をはじめた大岩たちは、“ソースの魔術師”の異名を誇る高級フレンチの女性シェフ・北尾映見(きたお・えいみ/谷まりあ)に疑いの眼差しを向けることに…。映見は温子と土地売買をめぐるトラブルを起こしていたばかりか、2人の間には深い因縁が存在したこともわかってくる。

 “庶民派コロッケの女神”と“高級フレンチのソースの魔術師”。正反対の料理を追求する2人の間にいったい何があったのか。事件の核心に近づくうち、「コロッケを愛する者VSコロッケを憎む者」の人間ドラマが色濃く浮かび上がってくる。

 2018年に“かわいすぎるジュノンボーイ”として脚光を浴びてデビューし、現在ジェンダーレスモデルとして活躍する井手上は、殺された温子の息子で医学部志望の高校3年生・揚田淳美(あがりた・あつみ)役で登場する。

 地上波ドラマ初出演となる井手上は「10周年の歴史あるドラマであり、母の好きなドラマでもあったのでゲスト出演が決まったときはとてもうれしかったです」と挑戦を決め、「お芝居経験があまりないので当日は緊張していましたが、監督は緊張をほぐすために話しかけて下さって、落ち着いて撮影に臨めました」と、撮影を振り返った。

 その言葉どおり、井手上は母を失った悲しみをにじませながらもしっかりと証言する淳美を、落ち着いた演技で表現。「中性的な息子との設定だったので、衣装はジェンダーレスなファッションを選ばせていただきました。淳美の衣装にもぜひ注目してください」とアピールした。

 そしてデヴィ夫人は、谷ふんする映見がシェフを務めるフレンチレストランのオーナー・財前裕美(ざいぜん・ゆみ)を演じる。バラエティーで度々過酷なロケをともにしてきた谷と、今回はドラマで初共演。夫人は高級フレンチレストランのオーナーという役柄にピッタリなビビッドな花柄スーツで登場し、大岩たちに疑いの目を向けられる映見に対し遠回しにプレッシャーをかける絶妙な演技を披露する。

 実は撮影当日、当初の台本にはなかった「セレブらしいセリフ」が追加されたのだが、フレンチに精通したオーナーならではのひと言も堂々と決めてみせ、スタッフを圧倒。今回の出演にあたって、夫人は「一瞬しか出ないので視聴者の方に気づいていただけるかしら」とコメントし少しばかりの不安ものぞかせていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ