プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

SnowMan深澤&向井&宮舘、再びドリフ“ヒゲダンス”に大挑戦「わちゃわちゃしている感じをぜひ見て」

8日放送『ドリフに大挑戦スペシャル』に出演するSnowManの宮舘涼太、向井康二、深澤辰哉 (C)フジテレビの画像

8日放送『ドリフに大挑戦スペシャル』に出演するSnowManの宮舘涼太、向井康二、深澤辰哉 (C)フジテレビ

 人気グループ・Snow Manの深澤辰哉、向井康二、宮舘涼太が、5月8日放送のフジテレビ系バラエティー『ドリフに大挑戦スペシャル』(後7:00)の第2弾に出演する。3人は前回も大きな話題を呼んだ『ヒゲダンス』に挑戦。このコントは黒のえんび服にヒゲがトレードマークの表情と動きのみで笑いを誘うという名作。今回は再びずんの飯尾和樹と組み、客前で、“フラフープ”に挑戦する。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 芸人のみならず、アイドルや女優、アーティストなど、幅広いジャンルで活躍する“ドリフを愛してやまない芸能人たち”が大集結。ザ・ドリフターズのメンバーとともに“もしもシリーズ”などをはじめとした体を張ったコントの数々に挑戦していく同番組。昨年9月に続く第2弾も3時間スペシャルで送る。

 「今回も貴重な経験をさせていただきました」と3人が口をそろえて意気込みを語り、ドリフが作り上げた最高級のお笑いへのリスペクトと、その無限の可能性に目を輝かせながら、令和のアイドルが再びドリフのコントに挑戦。注目の『ヒゲダンス』では向井が「フラフープは本番までずっとできなかったので、緊張して本番に臨みました」と話すように、実は一度も成功することが無いまま本番に臨む。

 スタジオに入る前にも向井は、深澤と宮舘に姿勢などを入念にチェックしてもらう姿も。不安な表情を浮かべながらも意を決し「いけるか!」と声を出してスタジオへ。手拍子が鳴り響くスタジオに登場したメンバーは、今回も『ヒゲのテーマ』に乗せて「Yeah!」という言葉と、軽妙なステップ、さらには自身の代名詞でもあるキレキレのダンスで早速観客を魅了する。

 最初は通常サイズのフラフープが用意され、それに挑戦していくのだが、やはり今回も飯尾からのお願いが止まらない(!?)最後には飯尾も息切れしてしまうほどの大挑戦になった今回の『ヒゲダンス』。はたして、成功することなく本番に臨んだ向井の挑戦の結末は。そして、ミッションをクリアして無事にステージを降りることはできるのか。このほかにもドリフの名作コントに大挑戦した3人が、いったいどんなドリフの世界を届けるのか。本人たちも楽しみながら演じていく姿が見どころとなる。

■Snow Manコメント

【深澤辰哉】
今回も貴重な経験をさせていただきましたし、収録では自分たちができる限りのことを精一杯頑張りました。そして、控室で、仲本工事さんとお話をする機会があり、レジェンドの方々と一緒に共演させていただけるありがたみをすごく感じました。あと、収録前日にメンバーの岩本(照)から『前回の放送めっちゃ面白かった。今回も頑張って』と言ってもらえたのもうれしかったですね。ドリフの皆さんのお笑いは、世代を問わないというところがすごいことだなと改めて実感しました。
今回、あるサイズの“フラフープ”に挑戦したんですが、やはり目の前に人がいるというのもありましたし、重さとか、遠心力とかもあったりと、とにかく緊張しました。前回の“ヒゲダンス”の時は練習に時間をかけたところもあったのですが、今回はその時に築いたチームワークがあったので、リハーサルも、本番もスムーズにいきましたね。自分たちも楽しくできたので、きっと見てくださる人にも楽しいっていう気持ちは伝わると思っています。楽しくて、わちゃわちゃしている感じをぜひ見てもらえたらうれしいです!

【向井康二】
ザ・ドリフターズは友達と夜更かししながら見ていた番組なので、第2弾も出られると聞いた時はすごくうれしかったです。歴史ある番組にSnow Manとして出演できたというのはとても幸せな事ですし、色んな世代が見てくれているので、この番組を通して僕たちのことも知ってもらえてうれしいです。“ヒゲダンス”は加藤さんと志村さんがやっていた伝統的な芸能で、しゃべらずにパントマイムだけで笑いを取れるっていう、すごくすばらしい作品です。
前回の放送はバケツで、今回はフラフープに挑戦したのですが、ヒゲダンスは小道具を変えるだけで無限の可能性があるんですよね。こういうのを編み出したというのがやっぱりすごいなぁって感じました。僕たちもなんかこういう伝統的な芸をなんか見つけられたらいいなって思います。それと、フラフープは本番までずっとできなかったので、緊張して本番に臨みました。
いつかまたこういう機会あれば9人でやりたいですね。あと、飯尾さん含めての44のチームワークは絶対見てもらいたいです。客席との一体感も含めて伝われば、お茶の間も笑顔になれる空間だと思いますので、そこに注目して見てほしいです。ぜひチャンネルはそのままでお願いします!

【宮舘涼太】
前回も貴重な体験をさせていただいたのですが、今回も小さい頃に見ていたコントに挑戦させていただきました。自分の歩んできた道の中でも、これ以上のことはないなという感謝とともに、今は喜びが浮き上がってきている感じです。
また、前回演じさせていただいて、だいぶ自分の中で『振り切れたなー』といいますか、自分自身も『あっこういう引き出し持ってたんだ』というのも知ることができたんです。昔からドリフが好きだった方だったり、見てくださったファンの方だったり、いろんな方から『見たよ』とか、『あれ面白かったね』というふうに言ってもらえたんです。全力で笑いをお届けするっていうことに関して、自分の中ですごく芽生えるものがありましたし、自分が大挑戦し、経験した収穫だったなとすごく実感しています。
“ヒゲダンス”は歴史があるコントで、もう一度僕らが担当させてもらえたというのも、すごくすてきなご縁だなぁと感じました。段階を踏んでいくごとにハードルも上がっていくとは思うんですが、機会があれば、これは何年でも続けていきたいなと思います。僕たちも責任を持ってお笑いに挑戦させてもらっているので、ちょっとでもほっこりとする、息抜きの時間として見てもらえたらうれしいです!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ