プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『バスカヴィル家の犬』最新予告解禁 ワンオクToruが主題歌をプロデュース

ディーン・フジオカ×岩田剛典、映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(6月17日公開)(C)2022映画「バスカヴィル家の犬」製作委員会の画像

ディーン・フジオカ×岩田剛典、映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(6月17日公開)(C)2022映画「バスカヴィル家の犬」製作委員会

 ディーン・フジオカと岩田剛典が、唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決する、フジテレビ系月9ドラマ枠で放送された『シャーロック』を映画化した『バスカヴィル家の犬』が6月17日より全国公開される。このたび、ONE OK ROCK・Toruの楽曲プロデュースによる、新人アーティスト・由薫(読み:ゆうか)が歌う「lullaby(読み:ララバイ)」が本作の主題歌に決定。子守歌(ララバイ)が響き渡るエモーショナルな最新予告が解禁となった。

【動画】映画『バスカヴィル家の犬』最新予告

 世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 ドラマシリーズで好評を博した、魅力的なキャラクター、テンポの良いスタイリッシュな演出、美しい映像はそのままに、映画ならではの重厚感と中毒性をもたらすのは、『容疑者 X の献身』『昼顔』などの西谷弘監督。「一人の登場人物の心の叫びで“レクイエム”とお願いしました」と、西谷監督は楽曲制作をToru(ONE OK ROCK)に依頼。「由薫の持つ繊細でどこか切なさがある声を引き出すことでこの曲が生まれました」と、Toruは語っている。由薫はこの曲でユニバーサルミュージックから6月に、メジャーデビューすることも決定した。

 解禁された最新予告映像では、瀬戸内海に浮かぶ離島で、事件の捜査をしている獅子雄と若宮の姿を見ることができる。じわじわと不気味に忍び寄る恐怖にひとり、またひとりと消えていく蓮壁家の関係者たち。この島に古くから伝わる伝説・黒犬の祟りとは何なのか、2つの誘拐と7人の関係者、13の嘘とは何を示すのか-!? 切なく胸を締め付けられる由薫の歌声と緊張感あふれるダイナミックな映像に思わず引き込まれてしまう映像になっている。

■由薫 コメント

 身に余るチャンスをいただき、私なりに必死に映画に寄り添おうとしていたつもりが、気づけばこの映画が、そして『lullaby』が私に寄り添ってくれていました。大切なこの曲が、飛び立って、必ず皆さんに届きますように。

■Toru(ONE OK ROCK) コメント

 人間の根底にある強く生きたいという気持ち、離れることのない絆や魂、この映画の作品に寄り添いつつ由薫の持つ繊細でどこか切なさがある声を引き出すことでこの曲が生まれました。日本からまた1人、新たなシーンを作り出してほしいなと今後も楽しみにしています。

■西谷弘監督 コメント
 映画音楽の制作に携わり、最初のデモにして胸をドンと突かれたのは初めての経験でした。昨今、より複雑で難解な楽曲が流行る中、届いたのは力強くも繊細なストレート。それ故に高いクオリティが求められた曲が心に響いたのです。ネタバレにもなるので多くは語れませんが、オーダーは一人の登場人物の心の叫びで“レクイエム”とお願いしました。対して音楽家は“ララバイ”と応えてくれました。ラストシーンを観てもらえればわかると思いますが、音楽家は監督以上に人間を捉え、人の絆にも輪郭を与え、登場人物の心を解放してくれたのです。Toruさん、由薫さん、スクリーンに切なくも愛しい息吹きを注ぎ込んでいただき心から感謝しております。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ