プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『Mリーグ』優勝・KADOKAWAサクラナイツ森井監督が感謝のコメント「心から誇りに思います」

KADOKAWAサクラナイツ(C)Mリーグの画像

KADOKAWAサクラナイツ(C)Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズの最終日が26日に行われ、優勝はKADOKAWAサクラナイツに決まった。熱戦を戦いぬいた全4チームの監督及びチーム関係者のコメントが発表された。

【昨年は】『Mリーグ』のシャーレを持つ藤田晋氏と二階堂亜樹プロ

【優勝】KADOKAWAサクラナイツ 森井監督
 KADOKAWA サクラナイツはMリーグ2021-22シーズン優勝することができました! 桜騎士団(サクラナイツファン)の皆様、本当におめでとうございます! レギュラーシーズンに獅子奮迅の活躍でMVP争いを演じてくれた沢崎誠選手がセミファイナルでご病気の治療のため離脱することになり、沢崎さんに優勝を持ち帰りたいという強い思いをファイナルに出場する3 人の選手の表情から感じていました。

 内川幸太郎選手、岡田紗佳選手はレギュラーシーズンこそ不調でしたが、岡田選手はセミファイナルでその不調を払拭するように個人2位のポイントを獲得し、内川選手もセミファイナル、ファイナルとしっかりと勝負所でチームにポイントを持ち帰ってくれました。そして、堀慎吾選手はシーズンを通して大車輪の活躍をしてくれて、最後の最後まで冷静かつ強い麻雀を魅せてくれました。

 チーム創設から3年。毎年毎年チームとして成長し、優勝できたことを本当にうれしく思いますし、素晴らしい選手、スタッフと共にシーズンを闘い切ったことを心から誇りに思います。

 気が早いですが、来期は唯一の連覇の権利を持つチームとして熱く闘い、サクラ旋風を巻き起こすことをここに誓います。今後もKADOKAWA サクラナイツを“桜援”いただけますとうれしいです!

【2位】セガサミーフェニックス吉野監督
 フェニックスは、ファイナルシリーズで最後の最後まで優勝争いを演じるも、あと一歩届かず準優勝となりました。しかしながら、魚谷選手、近藤選手、茅森選手、東城選手の4人が、大舞台になればなるほど個性あふれる魅力的な麻雀を見せてくれたことで、「感動体験を創造し続ける~社会をもっと元気に、カラフルに。」というグループミッションを体現し、熱狂を外にお届けすることができたと思っております。

 「来シーズンこそ優勝を!」という想いがファンの方々を筆頭に、選手スタッフ一同、一つになりました。セガサミーフェニックスは必ず羽ばたき、今まで以上の感動体験をお届けできるよう来シーズンに向け準備を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ご声援本当にありがとうございました。来シーズンもよろしくお願いいたします。

【3位】渋谷ABEMASチーム担当
 重圧を背負い身を削った一打一打で、多くの素晴らしい対局を生み出してくれた全ての選手に敬意を表したいと思います。渋谷ABEMASは、4年連続3位という結果になりました。どんなときも温かい応援をしてくれる最高のアベマズファンのみなさまに優勝を届けられなかったことは悔しいですが、選手、スタッフともに、みなさまの応援から力をいただき、一緒に闘ってこれたことに心より感謝しております。来シーズンの「初優勝」に向けての新たな挑戦が始まります。これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

【4位】KONAMI麻雀格闘倶楽部チーム担当
 今シーズンは選手構成を新たに、取り組ませていただきました。チームとしては攻撃を信条とし、佐々木寿人選手、高宮まり選手に加えて、Mリーグ初のチーム移籍となった滝沢和典選手、プロデビュー2年目で第1期桜蕾戦のタイトルを獲得した新鋭の伊達朱里紗選手に加入いただきました。結果、レギュラーシーズンでは新加入の2人が、リーグ3位、4位の好成績、伊達選手は最高スコア賞というタイトルを獲得しました。

 そしてファイナルステージ進出は成し遂げたものの、4位という最終成績に終わり、悔しさを残すシーズンとなりました。来シーズンこそチームの優勝を目標としながら、Mリーグの使命である「麻雀の楽しさを、素晴らしさを世の中に伝えて」いくことを目指して引き続き応援いただけるよう尽力して参ります。今後もMリーグ、麻雀を楽しみましょう!

■朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ最終結果
1位:KADOKAWAサクラナイツ +202pt
2位:セガサミーフェニックス +141.6pt
3位:渋谷ABEMAS +54.2pt
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲58.9pt

■Mリーグ2021-22最終順位
1位:KADOKAWAサクラナイツ
2位:セガサミーフェニックス
3位:渋谷ABEMAS
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部
5位:EX風林火山
6位:U-NEXT Pirates
7位:赤坂ドリブンズ
8位:TEAM RAIDEN/雷電

■Mリーグ2021-22個人賞
4着回避率1位:多井隆晴(渋谷ABEMAS)
最高スコア1位:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
個人スコア1位:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ