プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ピスタチオ、5月末で解散 小澤「家庭の幸せを守りたい」、吉本興業所属のままそれぞれの道へ

ピスタチオ(左から)伊地知大樹、小澤慎一朗の画像

ピスタチオ(左から)伊地知大樹、小澤慎一朗

 お笑いコンビ・ピスタチオ(伊地知大樹、小澤慎一朗)が27日、YouTubeチャンネルを更新し、5月末でコンビを解散すると発表した。吉本興業によると、2人は同事務所所属のまま、それぞれの道を歩むという。

【動画】解散を報告&今後について語ったピスタチオ

 「【ご報告】ピスタチオ、解散します」と題した動画に、衣装姿の2人が登場。解散の理由について、小澤は「家庭の幸せを守りたいということで、ピスタチオを解散してくれないかと伊地知さんに伝えました。伊地知さんはまだまだ売れていくぞという思いがあったが、僕の方から解散しましょうと伝えました」と神妙な面持ちで説明した。

 一方の伊地知は「僕は芸人なったからこそ、もう一度頑張っていこうよっていう思いがあった。そこで言われた時に『ふざけんなよ』っていう気持ちもあった。でも(小澤の)意思も強いし、表舞台に経つのもしんどいという時期もあった」とポツリ。気持ちが変わる可能性もあるため、半年ほど時間をおいたが「小澤さんの気持ちは変わらなかった。そんな人を無理やり表舞台に立たせるのも違うなって。僕は気持ちが残っていたので、このまま芸人としてゼロから頑張っていくということで受け入れることになった」と経緯を明かした。

 そして、2人そろって応援してくれた人たちに対し「申し訳ございません」と深々と頭を下げた。

 小澤は同日、自身のツイッターで「この度、『ピスタチオ』は解散することになりました」と報告。「芸人3年目で『ピスタチオ』を結成、そこから切磋琢磨して『白目漫才』が生まれましこの誕生のおかげでテレビやラジオ、、様々な仕事をさせて頂きました。芸人の世界は華やかでも厳しい世界で、そんな中いろんなお仕事が出来たのは本当に幸せな事だったと思います」とこれまでの芸能活動に思いを巡らせ、応援してくれたファンらに感謝をつづった。

 今後について、小澤は「吉本興業に籍はおきつつ、児童福祉関係の資格取得を目指し、支援や手助けができる活動とともに、様々な事に挑戦していきたいと思っております」としている。

 伊地知も自身のツイッターで「この度、5月末でピスタチオを解散する事になりました。一発屋から二発屋になるべくもがいていたので、僕も悔しさが残っているというのが正直な気持ちです」と胸中を吐露。「でも相方小澤の新たな人生を、そして僕は芸人を続けていくので、どちらも応援していただけたらうれしいです! 応援してくれた方々、お世話になった芸人、そして関係者の皆様、本当にありがとうございました。そしてこれからも『よろしくお願い致しーますっ!(白目)』」と“らしく”つづった。

 ピスタチオは2010年4月に結成され、シュールな“白目漫才”で注目を集めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ