プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

大政絢の“彼氏候補”に小宮璃央、細田善彦、生島勇輝ら 『理想ノカレシ』追加キャスト

『理想ノカレシ』追加キャスト陣(C)TBSの画像

『理想ノカレシ』追加キャスト陣(C)TBS

 モデルで俳優の大政絢が主演を務める、TBS系ドラマストリーム『理想ノカレシ』(5月31日スタート 毎週火曜 深0:58)。主人公・優芽子(大政)の“理想の彼氏”候補となる男性キャストと、優芽子の親友やライバルとなる女性キャストが発表された。

【写真】大政絢に”バックハグ”する佐藤大樹

 本作は、「TBS連ドラ・シナリオ大賞」第4回大賞受賞者の渡邉真子が原案、第5回の入選者である木村涼子が脚本を担当。2人の若手女性脚本家がタッグを組み、アラサー女性のリアルな恋愛観をオリジナル脚本で送る。

 主演の大政が演じるのは、ヘッドハンティングされたベンチャー企業で仕事をバリバリとこなす“ハイスペック女子”である主人公・小野寺優芽子。外ではデキる女風でキメているが、家では家事も髪も服もテキトーな残念女子。中でも恋愛経験は乏しく、いまだに高校時代の初恋の相手が理想の男性だと思い続ける“夢見る夢子”。さらに「そろそろプロポーズされるのでは?」と思っていた一年半付き合った彼氏から、思いもよらない形でこっぴどく振られてしまう。傷心の優芽子だったが初恋の人とうり二つのミステリアスな青年と出会い、彼女の日常はジェットコースターのように大きく揺れ動きはじめる。

 今回の追加キャストには、優芽子の遠い親戚で、幼い頃から優芽子に一途な想いを持ち続ける10歳年下の男子・小松原冬馬役に小宮璃央、優芽子の勤めるベンチャー企業「Life With Sweets」の社長・水上龍役に細田善彦、優芽子の元カレ・澤村一太役に生島勇輝、優芽子の高校時代からの親友・江崎友実役に瀬戸さおり、ベンチャー企業に勤める優芽子の部下である大島佐弓役に大谷凜香が起用された。

■以下、追加キャストのコメント

<小宮璃央>
小松原冬馬役で出演させていただきます。小宮璃央です。“弟系男子”ということで歳も近い冬馬を演じられるのが本当にうれしいです。冬馬が小さい頃から大人になった今までずっと優芽子を想う一途な気持ちもすごいと思いましたし、こんな芯のしっかりした魅力的な男性を演じられることがうれしかったです。そして冬馬のもつ、言葉だけではなく行動で相手に好きを伝えるところは自分と似ていて共感しました。

2人は10歳離れているので優芽子からは恋に発展しないと思うのですが、何年も片想いを続けめげずに言葉と行動で猛アタックしている冬馬は男としてかっこいいと思います。常に優芽子を想い続ける一途な部分をどこまで表現できるかワクワクしています。『理想ノカレシ』を楽しみにしていてください!

<細田善彦>
初めての社長役です! 水上龍を演じさせていただきます、細田善彦です。観てくださる皆さんが水上と一緒に働いてみたいと思うような、“理想ノ社長”を目指します! そして、悩める優芽子を見守りながらも徐々に想いを寄せる、そんな繊細かつ頼れる水上を誠心誠意演じさせていただきます。

恋も仕事も、“理想”とは…? 先の読めないオリジナルストーリーの本作を通じて、ご覧いただく皆さんと一緒に考えられればなと思っております。ぜひ、お楽しみに!

<生島勇輝>
澤村一太を演じさせていただくことになりました、生島勇輝です。一言で言うと、一太は“理想ノカレシ”とは真逆の男! 情けないやつなんです。でも「うんうん、わかるよ」って感じで、多くの男性は恋愛の中で一度はこんな思いを経験したんじゃないかと思います。プライドばっかり高くて、仕事が思うようにいかないと自分に自信が持てず、ものを言えずに溜め込んじゃう。バリバリ仕事をする優芽子を素直に認められず、相手を責めて自己正当化、みたいな。僕は一太ほど大胆な行動はできませんが、性質的には結構似ている気がします(笑)。

今まであまり恋愛をテーマにした作品に関わることがなかったので、楽しみです。“理想ノカレシ”とはいったい何なのか、僕も皆様と一緒に勉強していきたいと思います!

<瀬戸さおり>
友実への第一印象として、台詞がとても印象的だと感じました。「投資と恋愛ってどう繋がるの?」と思って台本を読みましたが、意外と似ているところが多くて驚きました! 友実はそれをわかりやすく説明しながら的確なアドバイスをくれるので、友達にいたらとても心強いと思います。

私と友実との共通点ですが、相手のことを理解しつつ、思ったことはズバッと言うところは似ていると思います。友実のように的確なアドバイスができているかはわかりませんが…親友には、相手のためなら厳しいことでもちゃんと伝えます。何でもできそうに見えて、実は不器用で傷つきやすい優芽子。親友・友実として夢見がちな優芽子に突っ込みを入れつつ、傷つきながらも少しずつ前に進もうとしている彼女をしっかり支えていけたらと思っています。

<大谷凜香>
「おっ、きっと私は仲良くなれない」が、佐弓への第一印象でした。しかし台本が届いて佐弓を紐解いていくと、きっと、いろんな恋や人間関係を乗り越えて出来上がったのが今の佐弓だと理解できるようになりました。大政さんをはじめ他のキャストの方や監督とリハを重ねるうちに、佐弓が鎧を着て人と接しているようにも見えて、私が佐弓自身を大切にしてあげたいと思うようになりました。

「おしゃれは魔法」とよく言いますが、まさにその通りで、そのとき表現したい自分によって服を選ぶという佐弓のスタイルには共感できます。そんな女心も楽しみながら演じたいです。

一見、このドラマの中の悪者として登場する佐弓は、正解のない生き方のひとつとして確立されるべき強さを持つ女性だと思っています。強烈な台詞が多くて心が痛むときもありますが…皆様にほどほどに嫌われ、ほどほどに愛されるように優芽子先輩に挑みたいと思います!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ