プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『トトロ』舞台化で演出に期待と心配の声 久石譲氏「飛び回ったりすることがないよう」意見

舞台『となりのトトロ』のビジュアル(C)Studio Ghibliの画像

舞台『となりのトトロ』のビジュアル(C)Studio Ghibli

 アニメ映画『となりのトトロ』(1988年公開)が、イギリスの名門演劇カンパニー「ロイヤル ・シェイクスピア・カンパニー」(RSC)によって、世界で初めて舞台化されることが27日、発表された。これを受けネット上では「トトロのあの質感出すのは大変だぞ」「どのシーンをどのように切り取って行くんだろう?」「日本の昭和の時代をどう表現するのか? イギリスにもトトロがいた設定かな?」など、設定や演出に期待の声があがっている。

【写真】元気に遊ぶメイちゃん!映画『となりのトトロ』の名シーン

 これは、映画で音楽を手がけた作曲家の久石譲氏が舞台化を提案し、宮崎駿監督がこれを快諾したことで始まったプロジェクトで、久石氏がエグゼクティブ・プロデューサーを担当。以前から『となりのトトロ』の舞台化を熱望していたRSCが、日本テレビと共同製作し、10月8日~2023年1月21日にロンドンのバービカン劇場で上演される。

 世界初の舞台化となり、ネット上では「イギリスの田園風景と、トトロの田舎の風景って通じるものがあるのかもなぁ」「トトロ舞台化もそうだけど、イギリスでやることにも驚いた!」などと反応。また、トトロやまっくろくろすけ、ネコバスなど個性豊かな登場キャラクターの演出方法についても「どうやってトトロ再現するの?」「中トトロも出してね!」「ネコバス、2階建てになってそう」「演出かなり大変だと思う」など予想や心配する声が出ている。

 なお、久石氏は舞台化にあたり「この作品に本当の意味で普遍性があるなら僕はあると思っていますが、まったく違うカルチャーで育った人たちが違う言語でやっても、きっと世界中の人に伝わるはずです」「外国で舞台化すると、スペクタクルになってしまう心配があります。トトロが飛び回ったりすることがないよう、僕は言い続けています。お互いに率直に意見を言い合える、いい関係で作っています。とてもすばらしい舞台になると思っています」とコメント。

 また、題字も手掛けたスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「果たしてどうやってトトロと出会えるのか。とても楽しみにしています」と期待を寄せている。

 『となりのトトロ』は、1988年に公開された宮崎監督のアニメーション映画。病気の治療で病院にいる母親の近くに住むため、郊外へ引っ越してきたサツキ、メイの姉妹が森で出会った不思議ないきものトトロとの交流を描いた物語。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ