プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“うその事故物件”情報を伝える悪徳手段を紹介 『正直不動産』にネット反響「知らなかった」「騙される可能性ある」

『正直不動産』第4話の場面カット(C)NHKの画像

『正直不動産』第4話の場面カット(C)NHK

 歌手で俳優の山下智久が主演を務める、NHKドラマ『正直不動産』(総合 毎週火曜 後10:00)の第4話が26日、放送された。

【写真】事故物件に住みたがる依頼人…その理由とは?

 同作は、口八丁手八丁で売上No.1の不動産営業マン・永瀬財地(山下)が、たたりでウソがつけなくなることから始まる痛快お仕事コメディー。ある日、アパートの建設予定地にあったほこらを壊したことから、たたりでウソがつけない体になり、言わなくていいことまでペラペラとしゃべる永瀬に、客は激怒し、契約寸前の案件まで台無しに。正直すぎる不動産屋は生き残れるのか…。

※以下、ネタバレあり
 ライバル会社・ミネルヴァ不動産と競う形で、マンションの空き部屋を販売することになった登坂不動産。ボロアパートから抜け出したい永瀬(山下智久)は、給料アップのチャンスとひとり奮い立つ。

 そんな時、「事故物件」に住みたがる奇妙なおばあさん・節子(風吹ジュン)が来店。月下(福原遥)は節子のために、事故物件を一生懸命に探し始める。そんな中、ミネルヴァ不動産の社員・花澤(倉科カナ)が、永瀬に宣戦布告をして…という第4話のストーリーだった。

 劇中では、マンションの空き部屋販売で対立したミネルヴァ不動産の社員が、永瀬が契約寸前までこぎつけた顧客に“うその事故物件情報”を伝え、契約を一時白紙させる悪徳手段を使う一幕も。ミネルヴァ不動産に乗り込んだ永瀬が「事故物件だと言われた客が親切心から多くの人に知らせようと事故物件サイトに書き込む。それによってサイトの利用者、うその情報を書き込まれた物件のオーナーにも迷惑がかかる!」と一喝するシーンが描かれた。

 他社が紹介した物件を“事故物件”だと伝える、いわゆる「つぶし」という手法が明らかとなり、ネット上では「こんな手法があるなんて知らなかった」「事故物件のサイトのことは少し聞いたことがあるけど、故意にデマを流してたら怖いなぁ」「もし自分が事故物件だと言われたら騙される可能性あるもんな。ちゃんと自分で調べなきゃ」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ