プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

秦 基博、『映画ざんねんないきもの事典』主題歌「サイダー」を書き下ろし

『映画ざんねんないきもの事典』(7月8日公開)主題歌は秦 基博の書き下ろし新曲「サイダー」に決定の画像

『映画ざんねんないきもの事典』(7月8日公開)主題歌は秦 基博の書き下ろし新曲「サイダー」に決定

 シンガーソングライターの秦 基博が、人気児童書をアニメ映画化した『映画ざんねんないきもの事典』(7月8日公開)の主題歌「サイダー」を書き下ろしで提供したことが発表された。曲のタイトルは「サイダー」。”いのちの歓び“を歌った清涼感あふれるナンバーに仕上がった。声優の花江夏樹がナレーションを務める主題歌入り60秒予告の公開をもって、楽曲のお披露目となった。

【動画】花江夏樹ナレーションによる主題歌ver.予告

 「ざんねんないきもの」とは、いきものに少しでも興味と愛情を持ってもらえるように、あえて“残念”という言葉を使って、これまでの本ではあまり語られてこなかったいきものの“意外な一面”を紹介している児童書シリーズ。

 『映画ざんねんないきもの事典』は、オーストラリア・南極・日本(長野県安曇野)の3ヶ所を舞台に、3つのオリジナルストーリーをつづっていく。オーストラリア編でコアラのリロイを演じるのが、花江。日本編のウサオ役で内田真礼、ウサギ崎先輩役で下野紘らが声で出演。それぞれの物語をナビゲートする、モグラの親子、父親のモグモグ役をムロツヨシ、娘のグララ役を伊藤沙莉が務め、豊かな自然の中で生きる「ざんねんないきもの」を紹介していく。

 映画の支柱になるような主題歌を希望した本作のプロデューサーは、「あらゆる『ざんねんないきものたち(人間も含む)』にエールを送ってくれるような、包容力があり、心にしみる楽曲、そんなイメージを形にしていただけるのは『秦 基博さんしかいない!』」と、起用理由をコメントしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ