プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

倍賞千恵子主演、「生きる」という究極のテーマを問いかける映画『PLAN 75』予告編

倍賞千恵子主演、映画『PLAN 75』(6月17日公開) (C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fuseeの画像

倍賞千恵子主演、映画『PLAN 75』(6月17日公開) (C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

 現地時間5月17日より開催される「第75回カンヌ国際映画祭」オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品されることが決定している早川千絵の長編映画初監督作品『PLAN 75』(6月17日公開)の予告編と本ビジュアルが解禁となった。

【動画】映画『PLAN 75』予告編

 本作は、映画監督・是枝裕和が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一篇「PLAN 75」の監督・脚本を手がけた早川が、新たに構築したオリジナル脚本、一新したキャストで長編映画化。超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。主人公・角谷(かくたに)ミチを倍賞千恵子が演じ、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが共演している。

 予告編は、ホテルの客室清掃員として働くミチ(倍賞)が、<プラン75>のコールセンターからの電話を受け取る場面から始まる。「75歳以上の高齢者に、死を選ぶ権利を認め、支援する制度、通称<プラン75>が、国会で可決されました」と制度の施行を伝えるニュース音声が流れた後で、<死>の選択を迫られるプラン対象者のミチ、<死>を推奨する役所の申請窓口担当者のヒロム(磯村)、<死>を選んだお年寄りをサポートするコールセンターで働く瑶子(河合)ら、制度に翻ろうされる異なる立場の登場人物たちが描かれていく。

 働く意志があっても就職先が見つからず追い込まれていくミチ、自らの叔父が<プラン75>の申請に現れ戸惑うヒロム、対象者・ミチとの交流により自らが携わる制度に疑問を持ち始める瑶子ら登場人物たちの気持ちが揺れ動く様子が映像から伝わってくる。<プラン75>に翻ろうされる人々が行く着く先で見出した答えとは一体何なのか…。「あなたは生きますか?」という投げかけにより、架空の制度を媒介に「生きる」という究極のテーマを問いかける衝撃的な仕上がりとなっている。

 また、本ビジュアルは、タイトルの下に「それは、75歳から自らの生死を選択できる制度――果たして是か、非か」というコピーとともに、<プラン75>に翻ろうされる人々の意味深な表情が切り取られている。彼女たちが最後に見いだす答えとは? センセーショナルな制度の全貌とは? 2025年には国民の5人に1人が75歳以上になると言われる日本で、ここに映し出される状況は決して絵空事と言い切れない。制度を迫られる側、選ぶ側、携わる側、それぞれの行く末に想像が膨らむポスタービジュアルとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ