プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『Mリーグ』優勝はKADOKAWAサクラナイツ 三つ巴の大接戦を堀慎吾が制す

KADOKAWAサクラナイツ(C)Mリーグの画像

KADOKAWAサクラナイツ(C)Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズの最終日が26日に行われ、優勝はKADOKAWAサクラナイツに決まった。

【昨年は】『Mリーグ』のシャーレを持つ藤田晋氏と二階堂亜樹プロ

 11戦目までを終えた順位は、1位にKADOKAWAサクラナイツ、2位にセガサミーフェニックス、3位に渋谷ABEMAS、4位にKONAMI麻雀格闘倶楽部だった。サクラナイツは堀慎吾が、フェニックスは近藤誠一、ABEMASは多井隆晴、格闘倶楽部は滝沢和典が最終戦に出場。上位2チームは、着順が重要な勝負となり、渋谷ABEMASは上位2チームを大きく上回れば大逆転での優勝となる勝負だった。

 4年目を迎えた『Mリーグ』で最も混戦となったオーラス南4局。堀が2回アガリ、抜け出すとそのまま見事に優勝を決めた。

 KADOKAWAサクラナイツは、内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠、堀慎吾によるチーム。ファイナルに入り、病気のために療養している沢崎へ喜びの優勝報告となった。岡田は沢崎へ「ガラス(優勝シャーレ)持って帰ります~」と涙ながらに語っていた。

■最終戦前の成績
1位:KADOKAWAサクラナイツ +189.8
2位:セガサミーフェニックス +162.3
3位:渋谷ABEMAS +105.8
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲119.0

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ